個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Driver’s High

投稿日:2017年6月18日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Driver’s High』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

desert

『Driver’s High』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Driver’s High
演奏時間4:10
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

17thシングルのタイトル曲。6thアルバム『ark』からのシングルカット。

アニメ”GTO”のオープニングテーマでもあります。

『Driver’s High』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark3
Clicked Singles Best 1310
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-200010
TWENITY (1997-1999)12
WORLD’S BEST SELECTION13

オリジナルアルバム『ark』の3曲目に収録。

※『Driver’s High』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Driver’s High』、アメリカンな曲名ですねぇ。

『L’Arc〜en〜Ciel』、バンド名がフランス語由来なこともあってか、アメリカの”勢いに任せてヒャッハー!”な感じがイメージにないんですよね。

なんとなく、我々日本人はありません?”アメリカって単細胞(失礼)で、ヨーロッパは繊細そう”的な区別。ラルクは、後者のヨーロッパ的な繊細性をまとっているイメージがあるんですよねぇ。FINAL FANTASYで例えるなら4の世界観です。

私だけでしょうが、FF4主人公の”セシル(パラディン)”を見るとhydeを思い出す…。

とはいえ、『Driver’s High』はこのバンドの代表曲としてしっかり定着しています。きっと私のラルクに対するイメージが20年くらい止まっているんでしょうね 笑。老害扱いされないように気をつけなきゃ。。。

曲の方はタイトル通りのノリノリソングです。

その名の通りドライブ中にかけるもよし、バンドを友達と組んでコピーしても盛り上がるでしょうし、カラオケで歌っても”なにこれ?”という反応にはならないでしょう。

どこで出しても役割を果たしてくれる万能曲で、それくらい普遍的なかっこよさを持った1曲です。

Amazonで試聴できます。

『Driver’s High』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/BLUE SKY COMPLEX

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/カナタヘ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holding you, and swinging

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/紅

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。