個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/I’LL K■LL YOU

投稿日:2019年1月13日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『I’LL K■LL YOU』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

african-lion

『I’LL K■LL YOU』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名I’LL K■LL YOU
演奏時間3:29
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X

曲名が過激なので、Google先生に怒られないよう、一応伏字にしています。本来の曲名は…ググれば普通に出ます 笑。

『I’LL K■LL YOU』収録アルバム

アルバム名トラック#
Vanishing Vision6
PERFECT BEST (Disc 1)2

インディーズアルバム『Vanishing Vision』の6曲目に収録。

※『I’LL K■LL YOU』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

インディーズ時代のXの攻撃性を一切オブラートに包まないで表現した曲名が印象的な楽曲、『I’LL K■LL YOU』。

今や正月の番組で“一流芸能人”の称号を手にし、上品なイメージのあるYOSHIKIですが、当時はやはり若さゆえの勢いと言いましょうか、どう弁明しても『I’LL K■LL YOU』というタイトルには上品の欠片も感じられません 笑。

ただ、そんな野蛮なXだって、このバンドの魅力なのは間違いないのです。本作『I’LL K■LL YOU』、楽曲の方も曲名に違わず下品で野蛮でとっても素敵です!

演奏時間3分台と、Xにしてはコンパクトにまとまったハイスピードロックナンバーという点も、つまみ食いするには丁度いいサイズですね。”激しいやつをサクッと1曲聴きたい!”というときにはピッタリです。

ところで本作『I’LL K■LL YOU』、元々は1985年に記念すべき1stシングルとしてリリースされた楽曲です。その当時のメンバーとアルバム『Vanishing Vision』リリース時のメンバーが異なることもあり、シングル版とアルバム版ではアレンジが異なっています。

シングル版の『I’LL K■LL YOU』はかなり昔の作品であり、かつ流通量も少ないので、CD音源自体はなかなか手に入らないと思います。しかし、インターネットの発達した現代ですので、その力を駆使すれば簡単に聴いてみることはできるでしょう…。

…ただ、その際は、余裕で放送禁止レベルのグロジャケットにはご注意ください(マジで)。

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

『I’LL K■LL YOU』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Enemy

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATURE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/HELLO, CP ISOLATION

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HOWEVER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】hide/FLAME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。