アルバムレビュー

【アルバムレビュー】X JAPAN/Vanishing Vision

投稿日:2019年1月7日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

今回は、『X JAPAN』のインディーズアルバム『Vanishing Vision』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

glass

『Vanishing Vision』の全体概要

アーティストX JAPAN
アルバム名Vanishing Vision
発売日1988/4/14
収録曲数9
演奏時間42:03

『X JAPAN』が残した唯一のインディーズアルバム。正確には、『Vanishing Vision』リリース当時はまだバンド名が『X』でした。

なんと“昭和”の作品です。

演奏時間は42:03。京浜東北線で、東京・桜木町間くらいの時間です。

レビュー

『Vanishing Vision』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1DEAR LOSER★★★★☆4
2VANISHING LOVE★★★★★5
3PHANTOM OF GUILT★★★☆☆3
4SADISTIC DESIRE★★★★★5
5GIVE ME THE PLEASURE★★★☆☆3
6I’LL K■LL YOU★★★★★5
7ALIVE★★★★☆4
8KURENAI★★★★★5
9UN-FINISHED…★★★★☆4

#4 『SADISTIC DESIRE』、#8 『KURENAI』、#9 『UN-FINISHED…』はメジャーデビュー後にリメイクされたり完成形が作られたりしました。

#4 『SADISTIC DESIRE』はメジャーデビュー後にシングル『Silent Jealousy』のカップリングとしてリメイクされましたが、本作『Vanishing Vision』収録版の方が攻撃的なサウンドでかっこいいです。

#8 『KURENAI』は超有名な楽曲『紅』の英語詞バージョンで、本作『Vanishing Vision』収録版の方が元々の楽曲ということになります。

#6は過激な曲名になっているので、Google先生に怒られないよう、一応伏字にしています。本来の曲名は…ググれば普通に出ます(私がビビり過ぎているだけ 笑)。

※『Vanishing Vision』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『Vanishing Vision』全体の感想

今では日本音楽界の重鎮として君臨する『X JAPAN』のリーダーYOSHIKI。

物静かな態度と上品な振る舞いのイメージがすっかり板についたYOSHIKIですが、インディーズ時代のXのアルバムである本作『Vanishing Vision』ではウニにように逆立てた髪をトレードマークに血の気の多い攻撃的な楽曲をいくつも作り出しています。

その攻撃性は本作『Vanishing Vision』収録曲の曲名を見てみても一目瞭然といったところでしょう。#6なんて、上品の欠片も無いタイトルがついています 笑。

ただ、そのなりふり構わない攻撃的な楽曲こそがXというバンドの魅力の一つであることに違いありません。私も『紅』や『Silent Jealousy』のかっこよさに虜になって『X JAPAN』に興味を持ったものの一人です。

そんなXの攻撃性がギュッと凝縮されているのが本アルバム『Vanishing Vision』です。

再結成後もテレビでよく演奏される『紅』等に惹かれて『X JAPAN』に興味を持った方なら本作『Vanishing Vision』もきっと楽しめるでしょう。インディーズならではの、尖りに尖ったサウンドがかっこいいです!

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

『Vanishing Vision』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】LUNA SEA/PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【アルバムレビュー】相対性理論/ハイファイ新書

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【アルバムレビュー】黒夢/CORKSCREW

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【アルバムレビュー】GARNET CROW/first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。