個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fairy Story

投稿日:2018年2月5日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュースしたあのYOSHIKI率いる『X JAPAN』を超えたと言っても過言ではないでしょう。(もちろん、CDがたくさん売れた方が偉いとか、そういった話をつもりはないです。あくまで数字的な観点で。)

今回は、『GLAY』の楽曲、『Fairy Story』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

night

『Fairy Story』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名Fairy Story
演奏時間4:06
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『Fairy Story』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED5

オリジナルアルバム『BELOVED』の5曲目に収録。

※『Fairy Story』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名の『Fairy Story』とは、“おとぎ話”という意味。

もちろん、おとぎ話そのものを本作で歌っているわけでは無く、”おとぎ話だと思うくらい信じられない出来事”というのが歌の内容かと思われます。ちょっと大人な”おとぎ話”ですね。

TERUの歌い方も、どことなくセクシー。

アルバムの5曲目という印象に残りづらい中盤の配置であり、後のベストアルバムにも収録されることのなかった楽曲。

いわゆるアルバムの曲という立ち位置で、サラッと聴き流されるのがこの曲の役目なのかもしれません。

ただ、それでもしっかり作ってあるんですよね、本作『Fairy Story』。

メロディーの出し惜しみが無いというか、TAKUROの曲作りに対する妥協の無さというか。やっぱり、一度聴けば覚えるほどポップでキャッチーなメロディーをふんだんに使ってあるんです。

そういう意味では、本作『Fairy Story』がアルバム『BELOVED』に与えている影響って、印象以上に大きいと思っています。

アルバム『BELOVED』の中で一番影の薄い楽曲って、おそらくこの『Fairy Story』なんだと思います。上記の通り、ベストアルバムへの収録もなく、もちろんシングルカットもされていませんし。

表現の仕方は悪いですけど、そんなアルバム最低ラインの楽曲でさえこの出来栄えなのです。

何が言いたいかというと、アルバム『BELOVED』の完成度を文字通り底上げしているのは、本作『Fairy Story』の貢献が大きいんじゃないかなと。そう思う次第であります。

『Fairy Story』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Easy Come, Easy Go!

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/天国旅行

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/惚たる蛍

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/BYE! MY BOY!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。