個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Rusty Nail

投稿日:2018年1月11日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Rusty Nail』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

prayer-book

『Rusty Nail』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Rusty Nail
演奏時間5:29
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X JAPAN

メジャーデビュー後の8thシングル。

本作『Rusty Nail』でバンド初のオリコンシングルチャート1位を獲得します。

『Rusty Nail』収録アルバム

アルバム名トラック#
DAHLIA4
Singles 〜Atlantic Years〜 3
PERFECT BEST (Disc 1) 4
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-1)4
THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜 (DISC 1)2

メジャー3rdオリジナルアルバム『DAHLIA』の4曲目に収録。

※『Rusty Nail』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ネイルサロン”や”ネイルアート”など、”ネイル”という言葉自体は日本語のように日常に溶け込んでいますが、この”ネイル”は”爪”の意味。

一方、本作『Rusty Nail』の”Nail”は”爪”ではなく“釘(くぎ)”を指し、『Rusty Nail』で“錆びた釘”の意味になります。

ちなみに、メジャー1stアルバム『BLUE BLOOD』の収録曲であり、シングルカットもされた『WEEK END』という楽曲の続編が、本作『Rusty Nail』だと言われています。

曲名の『Rusty Nail』=”錆びた釘”とは『WEEK END』で使用された凶器だという説もあったりします。『Rusty Nail』の歌詞にも「週末」という言葉が出てきますので、『WEEK END』との関連を感じますね。

本作『Rusty Nail』、ロックな楽曲ですが、『紅』や『Silent Jealousy』のような超ハイスピードさはなく、『X JAPAN』の楽曲にしてはJ-POP寄りな雰囲気です。

この手の楽曲はこのバンドにこれまでもあったのですが、オープニングのミステリアスな電子音や中盤のドラマチックな展開は『Rusty Nail』ならではですね。約5分半という演奏時間は『X JAPAN』のシングルにしては短い方なのですが、楽曲の濃さはその他の長尺な楽曲にも劣りません。

『Rusty Nail』、サビも覚えやすいメロディーですし、この楽曲をきっかけに『X JAPAN』というバンドに興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。

『Rusty Nail』という曲名にピンとこない方でも、サビを聴けば「ああ、この曲か!」となるはずです。サビだけ知っているよという方は、是非最初から通して聴いてみてください。かっこいいですよ!

Amazonで試聴できます。

『Rusty Nail』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/GREEN MAN

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】GLAY/pure soul

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ドキドキ

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/散歩道

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。