個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/3年後

投稿日:2018年5月22日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了してきました。

一方、類まれなる商業的な成功を収めたがために成功者ゆえの苦悩を歌った楽曲も存在します。こういった、少し影のある姿を時折見せてくれるのも、『GLAY』の魅力の一つですよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲『3年後』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

oak

『3年後』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名3年後
演奏時間7:33
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

アルバム『pure soul』収録曲の中で最も演奏時間が長い楽曲。なんと7分30秒を超えます。

『3年後』収録アルバム

アルバム名トラック#
pure soul10

オリジナルアルバム『pure soul』の10曲目に収録。

※『3年後』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

濃厚なスローバラード『3年後』。

有名な『HOWEVER』や『ずっと2人で…』とはまた異なる種類の少々重めなバラードになっており、『GLAY』のちょっとアンダーグラウンドな一面を垣間見ることができます。

スローテンポな上にボーカルのメロディーラインが低めなせいでしょうか、雰囲気がなかなかに重々しいんですよね。鬱屈感があると言いますか。いずれにせよ、『GLAY』にしては珍しい聴き心地です。

そう、『GLAY』にしては珍しい聴き心地ゆえに、ちょっと取っつきにくい作品かもしれません。シングルの『誘惑』や『SOUL LOVE』目当てにアルバム『pure soul』を手に取った方なら特に。

ただ、アルバムを何度も聴いて慣れてくると、こういう曲が良く聴こえてきたりもするんですよね。いわゆるスルメ曲というやつです。

本作『3年後』で言えば、”よく聴いてみると、後半の盛り上がり方がけっこう気持ちいいじゃん!”という感想を私は持ちました。

ところで本作『3年後』、イントロが『Mr. Children』の『シーラカンス』にそっくりということで有名です。アルバム『深海』の#2ですね。

聴き比べてみればわかると思いますが、確かにそっくりです。

よく調べてみれば世の中に似ているフレーズはたくさんあるものですが、『3年後』と『シーラカンス』について言えば、該当のギターフレーズが神秘的で印象的だからこそ、余計に似ているように聴こえるような気はします。

Amazonで試聴できます。

『3年後』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/gravity

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/NEO UNIVERSE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/とび魚のバタフライ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/I’LL K■LL YOU

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。