個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/WEEK END

投稿日:2018年5月4日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の世界進出で、解散前よりもパワーアップした『X JAPAN』にまだまだ目を離せませんね!

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『WEEK END』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

whitby

『WEEK END』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名WEEK END
演奏時間6:03
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X

アルバム『BLUE BLOOD』からリカットされた3rdシングル。

『WEEK END』収録アルバム

アルバム名トラック#
BLUE BLOOD3
X SINGLES5
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)4
Singles 〜Atlantic Years〜9
STAR BOX9
PERFECT BEST (Disc 2)1
THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜 (DISC 1)5

メジャー1stオリジナルアルバム『BLUE BLOOD』の3曲目に収録。

『B.O.X 〜Best of X〜』、『STAR BOX』、『Singles 〜Atlantic Years〜』、『PERFECT BEST』にはライブバージョンにて収録。

また、『X SINGLES』、『THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜』にはシングルバージョンで収録されています。

このように、本作『WEEK END』は様々な作品に収録されていますが、初出のオリジナル版は意外にもアルバム『BLUE BLOOD』のみの収録です。

※『WEEK END』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』の定番ロックンロール楽曲『WEEK END』。

サビだけ聴けば、曲名の『WEEK END』を連呼しているだけのシンプルな曲に思えますが、それ以外のパートはむしろメロディアスなYOSHIKI節。さすが『X JAPAN』、一筋縄ではいきません。

『X JAPAN』と言えば、『紅』や『Silent Jealousy』等のハイスピードナンバーか、『Forever Love』のようなバラードの二極というイメージが強いかと思います。本作『WEEK END』はその丁度中間といいますか、ハイスピードナンバー以外のロックな『X JAPAN』を垣間見れる、そんな1曲です。

そういう意味では、実は『X JAPAN』の幅広さを体現している重要な1作と言えるのかもしれません。

ところで本作『WEEK END』には続編があると言われています。

それが本作『WEEK END』のシングルリリース(1990年)から4年後に世に出た10thシングルの『Rusty Nail』です。

『WEEK END』と『Rusty Nail』、どこがどう繋がっているのか双方を聴き比べてみるのもおもしろいと思いますよ。

Amazonで試聴できます。

『WEEK END』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ENEMY

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SCARS

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/猟奇的なキスを私にして

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夏の幻

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。