個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/PEACE

投稿日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『PEACE』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

『PEACE』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名PEACE
演奏時間5:54
作詞Tack and Yukky
作曲TAKUYA
編曲TAKUYA

初出はアルバム『WARP』。

後に”-string version-“となり22ndシングルとしてリリースされました。これが『JUDY AND MARY』のラストシングルです。

『PEACE』収録アルバム

アルバム名トラック#
WARP5
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 02)10

メジャー6thアルバム『WARP』の5曲目に収録。

『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』にはシングルカットされた”-string version-“で収録。

※『PEACE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『PEACE』の第一印象はまさかのTAKUYAボーカル、これに尽きるのではないでしょうか。

コーラスだけでなく、YUKIを差し置いてがっつりソロで歌う部分が2番Aメロにあるのですが、初めて聴いたときはマジかよという感じでした 笑。

『GLAY』にも『SHUTTER SPEEDSのテーマ』というTERU以外がボーカルを取る有名な楽曲があります。

ただ、『JUDY AND MARY』の本作『PEACE』は女性ボーカルが突如男性ボーカルに変わるので、不意打ち度は『PEACE』の方が上ですね 笑。

ちなみに、後に”-string version-“としてシングルカットされた方にはこのTAKUYAソロボーカルパートは入っていません。TAKUYAソロ有りの『PEACE』を聴きたければ、オリジナルアルバムの『WARP』の方をお試しください。

しかしながら、ここまでTAKUYA色に染まった楽曲が『JUDY AND MARY』のラストシングルという事実が、このバンドの結末を全て物語っているように思います。

『JUDY AND MARY』はメインコンポーザーがリーダーの恩田快人からTAKUYAに移り変わっていきました。ラストアルバム『WARP』に至っては編曲も全てTAKUYA一人という権限の委譲っぷり。

ラストシングルの『PEACE』は”-string version-“とついている通り、もはやバンドサウンドではありません。ボーカルのYUKI+プロデューサーのTAKUYAという形でできあがった楽曲と言っても過言ではないでしょう。

もちろん、こんな結末になってしまったのは誰のせいなのか、それは私にはわかりません。TAKUYAのワンマンっぷりに周りのメンバーが嫌になったのか、はたまた他のメンバーにやる気がないからTAKUYAがワンマンにならざるを得なかったのか、それとも全く別の理由か…。

いずれにせよ、本作『PEACE』は『JUDY AND MARY』が死んでいることを確認できる1曲で間違いないと思います。

Amazonで試聴できます。

『PEACE』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Brise

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/利己的な遺伝子

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/summer FM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。