個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

投稿日:2017年5月30日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の5曲目、『HANG ONTO YOURSELF』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

cats

『HANG ONTO YOURSELF』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名HANG ONTO YOURSELF
演奏時間5:42
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『HANG ONTO YOURSELF』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth5

インディーズアルバム『Bunched Birth』の5曲目です。

※『HANG ONTO YOURSELF』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『David Bowie』に『Hang On to Yourself』という曲があります。『THE YELLOW MONKEY』の音楽性、特に初期の雰囲気を考えるに、本作『HANG ONTO YOURSELF』は『David Bowie』を意識していると見て間違いないと思います。

ただ、曲名はほぼ同じですが、曲調は全然違います。

『David Bowie』のほうは疾走感のあるロックンロールな曲ですが、『THE YELLOW MONKEY』のほうはスローテンポで妖しさ満点な仕上がりです 笑。

ギターのメロディーが歌謡曲風なのですが、それがまた妖しさを引き立てます。

この曲で印象的なのはやっぱりベースのフレーズですかね。語るような歌メロに対してベースがメロディーを歌っているように同じフレーズを繰り返すので耳に残ります。

とはいえ、サビの歌メロのキャッチーさはさすが吉井和哉という感じです。雰囲気で聴かせる曲では終わらせず、口ずさめる部分を残してあるところが個人的には好きです。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『HANG ONTO YOURSELF』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠に葬れ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/元素紀行

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/RAINBOW MAN

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATURE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Still I’m With You

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。