個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

投稿日:2017年5月30日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の5曲目、『HANG ONTO YOURSELF』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

cats

『HANG ONTO YOURSELF』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名HANG ONTO YOURSELF
演奏時間5:42
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『HANG ONTO YOURSELF』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth5

インディーズアルバム『Bunched Birth』の5曲目です。

※『HANG ONTO YOURSELF』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『David Bowie』に『Hang On to Yourself』という曲があります。『THE YELLOW MONKEY』の音楽性、特に初期の雰囲気を考えるに、本作『HANG ONTO YOURSELF』は『David Bowie』を意識していると見て間違いないと思います。

ただ、曲名はほぼ同じですが、曲調は全然違います。

『David Bowie』のほうは疾走感のあるロックンロールな曲ですが、『THE YELLOW MONKEY』のほうはスローテンポで妖しさ満点な仕上がりです 笑。

ギターのメロディーが歌謡曲風なのですが、それがまた妖しさを引き立てます。

この曲で印象的なのはやっぱりベースのフレーズですかね。語るような歌メロに対してベースがメロディーを歌っているように同じフレーズを繰り返すので耳に残ります。

とはいえ、サビの歌メロのキャッチーさはさすが吉井和哉という感じです。雰囲気で聴かせる曲では終わらせず、口ずさめる部分を残してあるところが個人的には好きです。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『HANG ONTO YOURSELF』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ユレルカレル

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Interlude -青の住人-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Miscast

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。