個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/BUNCHED BIRTH

投稿日:2017年5月23日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の1曲目、『BUNCHED BIRTH』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

birth

『BUNCHED BIRTH』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名BUNCHED BIRTH
演奏時間2:14
作詞
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

インスト曲のため、演奏時間は短めです。

作詞のクレジットはありません。セリフが入っているのですが、これは作詞には当たらないのですかね。誰かが何かしら考えているとは思うのですが。編曲の一部なんでしょうか。

『BUNCHED BIRTH』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth1

インディーズアルバム『Bunched Birth』の1曲目です。

※『BUNCHED BIRTH』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバムと同名のインスト曲、『BUNCHED BIRTH』。この曲が終わると同時に間髪入れず次曲の『WELCOME TO MY DOGHOUSE』が始まるので、『WELCOME TO MY DOGHOUSE』のイントロ的な位置づけと捉えられるのではないでしょうか。

本作『BUNCHED BIRTH』、鈴の音とクリーンギターで始まります。言葉にすればポップな感じがしますが、そこは『THE YELLOW MONKEY』、妖しさ満点です

0:45秒あたりからセリフが始まり、時々鼓動が聞こえてきます。曲名に”birth”とついている通り、“誕生”を意識したものと思われます。

そして1:25秒あたりでガラッと曲調が変わります。もともと妖しかった曲の雰囲気が狂気じみてきます。”誕生”から連想するに、これは”陣痛が突然襲ってきた”ことを表現しているのかもしれません。

「Bunched Birth」と曲名を口にしてセリフは終わります。遠くから聞こえる叫びとともに緊張感のある狂気じみたギターが何フレーズか流れた後、突如次曲の『WELCOME TO MY DOGHOUSE』が始まります。

『BUNCHED BIRTH』の聴きどころはまさにここだと思います!

名曲『WELCOME TO MY DOGHOUSE』への完璧なつなぎ!こんなの嫌でもテンション上がりますよ 笑。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『BUNCHED BIRTH』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君という光

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ROSIER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】B’z/太陽のKomachi Angel

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/眠りによせて

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。