個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/BE THERE

投稿日:2019年3月11日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

今回は、『B’z』の個別楽曲、『BE THERE』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

shibuya

『BE THERE』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名BE THERE
演奏時間4:13
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

4thシングルのA面曲。

『B’z』初のオリコンシングルチャートTOP10入り作品。

『BE THERE』収録アルバム

アルバム名トラック#
B’z The Best “Pleasure”10
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)2
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1)4

オリジナルアルバムには未収録。

※『BE THERE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初期『B’z』特有のデジタルサウンド色の強い1曲、『BE THERE』。

サンプリングした音を加工して切り貼りしたようなオープニングが印象的です。

ギターの出番もギターソロとアウトロで前に出てくる程度で、それ以外では左チャンネルで効果音的に鳴っている程度という感じ。本作『BE THERE』、1曲を通してデジタル色を前面に押し出した楽曲と言えそうです。

上述の通り、本作『BE THERE』はオリジナルアルバム未収録のため、アルバムとしてはベスト盤の『B’z The Best “Pleasure”』(通称金盤)にて初収録という運びになりました。

金盤では、#8 『LADY NAVIGATION』、#9 『太陽のKomachi Angel』、そして#10に本作『BE THERE』と、中盤にデジタルサウンド系の楽曲が並んで配置されています。

こうやってデジタル色の強い楽曲の並びで聴くと、本作『BE THERE』はどことなくミステリアスな雰囲気が漂っているのが特徴的に感じられます。

特にサビにおける歌メロやコーラス、楽器の音色なんかが、デジタルな世界観の中にミステリアスな魅力を吹き込んでおり、それが本作『BE THERE』を初期『B’z』楽曲の中でも一括りにはできない、異色な作品として成立させているように思います。

※こちらは上で挙げた金盤ではありません。しかし、今から聴くなら収録曲の多い『B’z The Best “ULTRA Pleasure”』の方が単純にお得です。

『BE THERE』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Home Sweet Home

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/黄昏サイキック

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/今日の君と明日を待つ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。