個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TWICE

投稿日:2018年9月5日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE”と呼称し、”バンドとファンが作り上げる閉鎖的空間”というヴィジュアル系独特の文化を創り出したのも『LUNA SEA』が先駆けだったのではないでしょうか。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『TWICE』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

princes-pier

『TWICE』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名TWICE
演奏時間6:17
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

7thシングル『END OF SORROW』のカップリング曲。

『TWICE』収録アルバム

アルバム名トラック#
SINGLES (Disc 2)6

オリジナルアルバム『STYLE』の6曲目に収録。

※『TWICE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『SINGLES』以外のアルバムには収録されておらず、カップリング曲の中でも割と地味な存在だと思われる本作『TWICE』。

そう、地味なんですけど、何かちょっとしたきっかけがあれば大化けするポテンシャルを秘めた楽曲のようにも…思えるのです!

というのも、本作『TWICE』、歌パートがけっこう耳当たりのいいメロディーをしていると思うんですよね。曲の入り口としてのAメロ、サビに向けて盛り上がるBメロ、そして大きく広がるサビ、いずれのパートもヒットソングっぽい感じのメロディーです。

それに歌詞、特にサビなんか、けっこうシンプルで汎用的なメッセージが歌われています。クセのない、ヒットソングっぽい歌詞。

こういう観点で考えると、本作『TWICE』って感動的なドラマ・映画なんかの主題歌にピッタリだと思うんですよ。涙を誘うシーンで「声を聞かせて~」って本作『TWICE』のサビが流れてきたら、けっこうイイ雰囲気になりそうだと思いません?

もしそんなことになったら、本作『TWICE』は『LUNA SEA』の代表作として世間に認知されること間違いなしです!

まさに大化け

…まぁ、感動的なドラマ・映画の主題歌に採用されれば、大なり小なりその曲はヒットするんでしょうけど 笑。

ここまで持ち上げておいてアレなんですが、本作『TWICE』が特別私のお気に入りな楽曲というわけではないんです。

ただ、本作『TWICE』、とあるシングルのとあるカップリング曲で終わるには何だか惜しい…。この楽曲を聴いているとそんな気分になるんです。

Amazonで試聴できます。

『TWICE』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/WET DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/間違いねえな

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ZONE/true blue

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。