個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/空の青と本当の気持ち

投稿日:2018年4月21日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の11曲目、『空の青と本当の気持ち』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

nature

『空の青と本当の気持ち』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名空の青と本当の気持ち
演奏時間5:36
作詞吉井和哉
作曲菊地英昭
編曲THE YELLOW MONKEY

作曲はギター担当の菊地英昭。

『空の青と本当の気持ち』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS11
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (DISC 1)14

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の11曲目に収録。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

『FOUR SEASONS』、『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』どちらも最終トラックでの収録です。

※『空の青と本当の気持ち』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

少し乱暴で、少し自己中で、そして少し感傷的な、そんな楽曲『空の青と本当の気持ち』。

言葉の選び方とその組み合わせがとってもツボな1曲です。Aメロの乱暴で自己中な言葉と、サビの感傷的な言葉の組み合わせが本当に素敵。

少女漫画ではないですけど、普段はぶっきらぼうな不良が捨て犬に優しくしているところを偶然見かけて、その姿に不本意ながらときめく主人公みたいな。本作『空の青と本当の気持ち』を聴いているとそんな気持ちに近い感情を味わっているような気がします。

正直なところ、アルバム『FOUR SEASONS』は中だるみが気になる構成だなと個人的には感じているわけですが、ラスト2曲の『Father』と本作『空の青と本当の気持ち』にはやはり耳を奪われてしまいます。

『空の青と本当の気持ち』がアルバム『FOUR SEASONS』の最終トラックを務めていること、このことが、同アルバムの評価にプラスの働きをしていると考えて間違いないでしょう。

あと、『空の青と本当の気持ち』について、もう一つ言及しておきたいことがあります。

イエモンのトリビュートアルバム『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』についてです。

『星羅』というアーティストがカバーした『空の青と本当の気持ち』が収録されているのですが、これがとんでもなく名カバー

アコースティックギターを中心としたシンプルなアレンジなのですが、それがまた『空の青と本当の気持ち』が持つ世界観の輪郭をよりはっきりと際立たせています。『星羅』のカバーを初めて聴いたとき、改めて『空の青と本当の気持ち』の良さを再確認できました。

原曲とアレンジが全く違うので、受け付けない人は受け付けないかもしれませんが、私は余裕でアリアリ。アリアリ過ぎて大好きなカバーです!

『空の青と本当の気持ち』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/HOWEVER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/また君に番号を聞けなかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LAMENTABLE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】hide/ATOMIC M・O・M

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。