個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Father

投稿日:2018年4月20日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の10曲目、『Father』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

father-and-son

『Father』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Father
演奏時間4:59
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Father』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS10
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)7
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (DISC 2)11

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の10曲目に収録。

また、アルバム曲ながらいくつかのベストアルバムにも収録されています。

※『Father』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名通り、父親へ向けた思いが歌われた楽曲、『Father』。

母親へ宛てた楽曲に比べて、父親宛ての楽曲って数が少ないですよね。ちゃんと調べたわけではないので統計的裏付けはありませんが、体感的にそう感じます。

きっと、”父親”という題材は歌いにくいのでしょう。一般的には、母親に比べると父親は子供と接触している時間が少ないですからね。母に宛てた思いの下位互換が父に宛てた思い…なんてことになるくらいなら、最初から母親をテーマに歌を作る、もしくは”両親”という括りにしてしまうというところですかね。

父親宛ての楽曲って数が少ない理由について少しだけ考えてみたところ、こんな結論に辿り着きました。

そんな中、本作『Father』は他でもない父親だけに宛てた歌。紛れもなく、息子から父親へ宛てた歌です。

父親にだけ…となると、”働いてくれてありがとう”という感謝ソングくらいしか思い浮かばないかもしれませんが、本作『Father』は全く別の切り口になっています。

そうですね、一言で言えば父親への”報告”でしょうか。

“大人になったよ”、”生きてるよ”と、息子から父親への報告。

なぜだかわかりませんが、この”報告”に対してものすごく深い愛と感動を感じてしまいます。年のせいか、歌詞を見ただけでも泣きそうになるくらい、心に響くものがあります。吉井和哉はリスナーを感動させようとして言葉を選んでいるわけではないんでしょうけどね。曲調だって全然バラードでもないし。それでも、私のハートと絶妙にシンクロしてしまう、そんな楽曲。

本作『Father』、アルバム『FOUR SEASONS』収録曲の中でも屈指の名曲です!

Amazonで試聴できます。

『Father』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/夏の黄金比

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ずっと2人で…

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人類最後の日

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】黒夢/後遺症 -aftereffect-

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。