個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Image

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって生まれ変わった過去の名曲を余すことなく披露してくれます。止まることなく進化し続けるこのバンドを見逃すわけにはいきませんね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『Image』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

『Image』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名Image
演奏時間5:41
作詞RYUICHI
作曲INORAN
編曲LUNA SEA

アルバム『IMAGE』と同じ表記ながら、この曲名は“イマージュ”と読むのだそうです。フランス語読みですかね。

『Image』収録アルバム

アルバム名トラック#
IMAGE5

オリジナルアルバム『IMAGE』の5曲目に収録。

※『Image』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

…とりあえず、「夢エナジィ」ってなに!?…というのが正直な感想ではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

本作『Image』のBメロに何度か登場するこの「夢エナジィ」というワード、おおよそ『LUNA SEA』のイメージではない響きの言葉過ぎて、ものすごく気になってしまうのです。

さらに、この「夢エナジィ」というフレーズ、字面のインパクトもさることながら、楽曲中ではサビよりも目立つほどの高音ボイスで歌われています。「夢エナジィ」というフレーズが、視覚だけでなく聴覚的にも強烈な印象を残す仕掛けになっているわけですね。

詰まるところ、この不思議で強烈なインパクトのある「夢エナジィ」というフレーズが『Image』の決めゼリフ的ポジションだと言っても過言ではないのです。それくらい存在感があります。

ちなみに、私のようなアラサー世代は「エナジィ」と聞くと美少女戦士セーラームーンを思い出してしまいます。

詳しいストーリーはよく覚えてないんですけど、敵キャラが”エナジー”なるものを欲しがっていた記憶があるんですよね。「夢エナジィ」ではなく、ただの”エナジー”ですが。

ところで、本作『Image』とセーラームーンには他にも妙な共通点があります。

本作『Image』がアルバム『IMAGE』に収録されてリリースされたのが1992年なのですが、なんと美少女戦士セーラームーンのテレビアニメが始まったのも同じ1992年なのだそうです。

『LUNA SEA』の歌う「エナジィ」とセーラームーンの敵キャラが欲しがる”エナジー”は全くの別物だと思いますが、どちらの「エナジィ」も世に出るタイミングはほぼ同じだったということです。

…もしかすると、1992年はサブカル界隈でひっそりと“エナジィブーム”でも起こっていたのかもしれません(すごいところに結論が着地した 笑)。

以下、本作『Image』を収録したアルバム『IMAGE』のAmazonリンクです。『IMAGE』のジャケットは特別過激というわけではありませんが、厳しめに見るとGoogle先生に怒られる可能性があるので、文字リンクの配置とさせてください。

IMAGE (Amazonリンク)

『Image』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】hide/T.T.GROOVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。