個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/エヴリデイ

投稿日:2018年8月6日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の8曲目、『エヴリデイ』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

rain

『エヴリデイ』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名エヴリデイ
演奏時間5:02
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『エヴリデイ』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD8

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の8曲目に収録。

※『エヴリデイ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

少々しっとり目のミドルテンポな楽曲、『エヴリデイ』。

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』収録曲ですが、このアルバムはとにかく攻撃的な楽曲が多いので、本作『エヴリデイ』のような作品はちょっと異色な感じがします。

前作『SICKS』とか前々作の『FOUR SEASONS』辺りに収録されていそうな雰囲気です。

しっとり目ながらもサビの開放感があるという聴き心地に焦点を当ててみると、メジャー2ndアルバムの『EXPERIENCE MOVIE』収録の名作『フリージアの少年』っぽくもあるなと感じます。

“everyday”という英語表記ではなく、カタカナで『エヴリデイ』と表記する曲名がいいですよね。

“everyday”も『エヴリデイ』も”毎日”という意味を指すわけですが、”everyday”という表記にはどこか能天気さがありません?演奏時間3分半程度の軽めなJ-POP感が漂う字面といいますか。地に足のついていない”毎日”、全くの他人が歩んでいる”毎日”のような感じがします。

一方でカタカナ表記の『エヴリデイ』という文字列には、楽曲通りのしっとり感がありますよね。”everyday”にはない、ドロっとした感覚。一人称の”毎日”。リアルな生活を送る上で避けようのない“疲れ”のようなものがこの文字列に込められているような気がするのです。

この感覚は私が日本人だから感じるものなんでしょうかね。

英語圏の人ならば”everyday”という文字列を目にしたとき、私が『エヴリデイ』という文字列を見たときと同じようにリアルな生活を想像して、それなりの哀愁のようなものを感じるのでしょうか…。

Amazonで試聴できます。

『エヴリデイ』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CIVILIZE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。