個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/REGRET

投稿日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春をバンドにささげたロックキッズなら誰もが夢みる妄想を現実のものにしてしまったバンドと言えるでしょう。

もちろん、その成功の裏には我々の理解を超えた数々の苦悩があったのでしょうが…。

今回は、『GLAY』の楽曲、『REGRET』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

『REGRET』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名REGRET
演奏時間4:53
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

4thシングル『Freeze My Love』のカップリング曲。

『REGRET』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPEED POP6
rare collectives vol.1 (Disc-1)3

オリジナルアルバム『SPEED POP』の6曲目に収録。

※『REGRET』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『REGRET(後悔)』と、曲名だけ見るとなかなかに暗そうですが、内容は曲名に似合わずポップでキャッチーな1曲

イントロだけ聴けば、”これから冒険に繰り出すんじゃないか”と思えるほど、前向きで力強いものを感じます。

本作『REGRET』、とにかく歌メロが非常に秀逸

Aメロ、Bメロ、サビと進行していくオーソドックスな展開の楽曲ですが、その盛り上がりをコントロールしているのはメロディーだと言っていいくらいです。

このメロディーならば、どんなアレンジでもそれなりの曲に仕上がってしまえるのではないでしょうか。それくらい秀逸なメロディーだと思います。この楽曲に耳を傾ければ、デビュー間もない頃から既にメロディーメイカーTAKUROの才能が開花していることを感じられるはずです。

本作『REGRET』、秀逸なメロディーを引っさげたキャッチーな楽曲なのですが、シングルのA面ではなく、4thシングル『Freeze My Love』のカップリングという立ち位置にとどまっています。

『REGRET』がシングルA面に選ばれなかった理由について、おそらくですが、キレイにまとまりすぎて無難な仕上がりになってしまったためでは…と私は考えています。『REGRET』で無難に”広く浅く”を狙うより、『Freeze My Love』で”狭く深く”を狙った結果、後者の方がA面に選ばれたのかなと。

実際、『Freeze My Love』はヴィジュアル系的な雰囲気が濃く、万人受けするタイプの楽曲ではないと思いますが、結局私が好んで聴くのは『Freeze My Love』の方だったりします。

ただ、思い出したように本作『REGRET』を聴いてみると、改めてメロディーの秀逸さに感動するのもまた事実。

…こうやって、『GLAY』の沼にハマっていくんですよね… 笑。

Amazonで試聴できます。

『REGRET』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/Reue

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TRUE BLUE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sweetaholic girl

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FACE TO FACE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/チャイナアドバイス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。