個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/DICE

投稿日:2017年9月30日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『DICE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

game

『DICE』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名DICE
演奏時間3:02
作詞hide
作曲hide
編曲hide

3rdシングル表題曲。

1stシングル『EYES LOVE YOU』、2ndシングル『50%&50%』は森雪之丞が作詞をしていたので、hideソロ作品で自身が作詞を担当したシングルは本作『DICE』が初となります。

『DICE』収録アルバム

アルバム名トラック#
HIDE YOUR FACE2
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜2
hide SINGLES 〜Junk Story〜3
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 1)6

1stオリジナルアルバム『HIDE YOUR FACE』の2曲目に収録。

※『DICE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

hideのソロ作品の中でも屈指のスピードナンバー、『DICE』。

譜割の細かい歌メロや、演奏時間3分台に短くまとめられた構成は『X』の楽曲とは異なり、hideソロ作品の個性を感じます。『X』の楽曲は激しいバンドサウンドをバックに、伸びやかなメロディーの歌メロを乗せるパターンが多いですし、演奏時間も余裕で5分を超えてきますからね 笑。

本作『DICE』、ギタリストらしくギターソロにこだわりが感じられて好きです。3分ちょっとの短い曲なのに、ギターソロの途中で転調を入れるという詰め込み方、最高です!

歌詞に使われている単語は、『X』のYOSHIKIが好みそうなものがチラホラ出つつも、『hide』の持つポップセンスが選択したであろう言葉の組み合わせが印象的です。

次回作の4thシングル『TELL ME』なんかは、完全にhideの言葉で語られているのに対し、3rdシングルの本作『DICE』は『X』の楽曲(=YOSHIKIの楽曲)の影響が色濃く残っているという観点で見るとおもしろい1曲ですね。

hideがソロとして独自スタイルを模索している様子が垣間見れるような気がします。

ただ、本作『DICE』は”Xからの脱皮途中”というにはあまりにも楽曲の完成度が高く、これはこれで一つのスタイルと言えるほどの1曲です。

『DICE』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/人工衛星

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】黒夢/心臓

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Always And Always

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/列車クラシックさん

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。