個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/milky way

投稿日:2017年8月18日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『milky way』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

drip

『milky way』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名milky way
演奏時間4:29
作詞tetsu
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

hydeではなくベースのtetsu(現tetsuya)が作詞を担当している珍しい曲。

『milky way』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEART9

オリジナルアルバム『HEART』の9曲目に収録。

※『milky way』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名の『milky way』は、”天の川”を意味する言葉です。『milky way』を直訳すれば”ミルクの道”ですが、これで”天の川”を指す語源はギリシャ神話に由来するそうです。

その辺の詳細はWikipediaをどうぞ。天の川/Wikipedia

ラルクの楽曲と言えばhydeがほとんどの曲を作詞しているのですが、本作『milky way』はベースのtetsuya作詞となっています。

hydeの描く幻想的で、ある種抽象的な世界観と異なり、本作のtetsuyaの直球な言葉選びがアルバムの中で個性を放っていますね。

限りなくJ-POP的な香りが漂います。少なくとも当時のhydeなら使わないだろうなという言葉の選び方です。

ただ、そんな曲もhydeが歌えばやっぱり『L’Arc〜en〜Ciel』の楽曲として成立しちゃうわけで。

やっぱり、ボーカルの声質や歌い方ってバンドの色を左右する重要な要素なんだって、改めて気付かされます。

ちょっと否定的な方向で落ち着きそうな流れですが、決して本作『milky way』を悪く言うつもりはないです。こういうポップな曲がアルバムにあることで、『HEART』がより個性的で完成度の高い仕上がりになっているんだと思っています。

いくら『虹』や『fate』が名作でも、こういう雰囲気の曲ばっかりじゃ聴き手も飽きちゃって、『HEART』がアルバム一枚としてここまで高い評価を得ることはできなかったのではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『milky way』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/たとえ遠く離れてても・・・

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/†ザ・V系っぽい曲†

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/追憶のマーメイド

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。