個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜

投稿日:2018年6月3日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの後継として『X JAPAN』に加入したことも大きな話題になりました。ヴィジュアル系の歴史を作った2大バンド両方に席を持つって、冷静に考えるとすごいことです。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

clouds

『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜
演奏時間8:10
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

アルバム『MOTHER』収録曲の中で最も演奏時間が長い作品。

『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
MOTHER5

オリジナルアルバム『MOTHER』の5曲目に収録。

※『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間8分を超える壮大な1曲、『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』。

『LUNA SEA』のすごいところは8分を超える長さであってもバンドサウンドで楽曲を完結させられるという点なんじゃないかと思います。もちろんSUGIZOがバイオリンを弾けるという、他のバンドとは異なる強みがあるのは事実ですが。

そうであっても『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』の中でのバイオリンはあくまでサブ的な役割であって、やはりギターとベースとドラムとボーカル、それをメインに据えて8分を聴かせきるというのはすごいと感じます。

本作『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』、8分を超える大作ですので聴きどころというのは至るところに散りばめられているのですが、個人的にはRYUICHIのボーカルが一番の聴きどころだと思っています。

RYUICHIの感情を込めたシャウト、これがかっこいい!

アルバム『MOTHER』の頃からRYUICHIの歌い方が変わってきて、以前に比べると乱暴さが抜けてきたんですよね。洗練されてきたという表現を使ってもいいかもしれません。そんな洗練されたRYUICHIによるシャウトがとにかくかっこいいんです!

アルバム『MOTHER』収録曲の中で最もRYUICHIが輝いているのが本作『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』ではないでしょうか。

シンガーソングライターの『河村隆一』からは想像のつかない姿を魅せてくれます。

Amazonで試聴できます。

『GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SHINE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Rapturous Blue

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/パラレルスペック

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Hometown

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。