個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/LOVE SLAVE

投稿日:2020年3月4日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春をバンドにささげたロックキッズなら誰もが夢みる妄想を現実のものにしてしまったバンドと言えるでしょう。

もちろん、その成功の裏には我々の理解を超えた数々の苦悩があったのでしょうが…。

今回は、『GLAY』の楽曲、『LOVE SLAVE』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

『LOVE SLAVE』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名LOVE SLAVE
演奏時間4:17
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

『LOVE SLAVE』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPEED POP5

オリジナルアルバム『SPEED POP』の5曲目に収録。

※『LOVE SLAVE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』のやんちゃな一面が垣間見れる1曲、『LOVE SLAVE』。

アルバム『SPEED POP』ではスローバラード『ずっと2人で…』の後に配置されているので、この楽曲のやんちゃ感がより一層際立ちます。『ずっと2人で…』のしっとりしたアウトロの余韻も冷めぬうちに突如響き渡るTERUの“アーッ”というシャウトはなかなかの落差がありますよね 笑。

そんな本作『LOVE SLAVE』ですが、アルバムの中をサーチしてまで聴く曲ではないというのが私の正直な感想。

冒頭で使った”やんちゃな『GLAY』”という表現は、字面だけ見れば”激しめのかっこいい楽曲”っぽい印象ですが、『LOVE SLAVE』の方向性はちょっと好みではないんです…。

“やんちゃな『GLAY』”という意味では、例えば『彼女の“Modern…”』とか『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』なんかは、曲名はダサいけど(失礼!)、楽曲自体はかっこよく感じて好きなんですけどね。

なんでしょう、楽曲の要所要所で入ってくるブラスの音がかっこいいと思えなのかな…。全編バンドサウンドで押し切る形だったら、本作『LOVE SLAVE』に対してまた別の印象を持っていたかもしれません。

ただ、本作『LOVE SLAVE』で聴ける若かりしTERUの発するシャウトは艶があってかっこいいです。そこはこの楽曲の聴きどころと言って間違いないと思います。

Amazonで試聴できます。

『LOVE SLAVE』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Sky

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ジュディ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ONE LOVE 〜ALL STANDARD IS YOU reprise〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dear My Friend

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAGNET HOLIC

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。