個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/HOWEVER

投稿日:2017年12月18日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されることが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『HOWEVER』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

still

『HOWEVER』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名HOWEVER
演奏時間5:34
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

12thシングル。『GLAY』のシングルとしては初めてミリオンヒットを記録しました。累計売上枚数は約134万枚。

ベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』の収録曲を決める際の投票では、堂々の第1位を獲得しています。

『HOWEVER』収録アルバム

アルバム名トラック#
REVIEW-BEST OF GLAY8
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1)11
-Ballad Best Singles- WHITE ROAD9
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)15
rare collectives vol.3 (Disc 2)2
MUSIC LIFE (BALLADE BEST☆MELODIES)5

オリジナルアルバムには未収録ながら、多くのベストアルバムに収録されています。

『rare collectives vol.3』にはライブバージョンでの収録。

※『HOWEVER』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

いきなり妄想の話で申し訳ないのですが…。

もしも、邦楽全楽曲を対象にした“ラブソング-日本代表-“という12曲入りのアルバムがあったとして、このアルバムに選曲されても不思議でない楽曲ってどんなのがあるでしょうか。

そんなの人それぞれと言えばそうかもしれませんが、”日本代表”ってついている以上、それなりに民意を反映させたアルバムだったとして…。

何が言いたいかって、本作『HOWEVER』は、この架空のアルバム、”ラブソング-日本代表-“に選曲されてもおかしくないほど、知名度と楽曲の内容を兼ね備えた1曲だと思っているってことです。

もう、TAKUROのメロディーセンスと言葉選び、そしてTERUの神懸った歌声が奇跡的なほど化学反応を起こした楽曲ですね。

しかしながら、『GLAY』には数々のバラードがありますから、知名度の高い『HOWEVER』は聴き飽きちゃったって人も多いかもしれません。

当時買ったCDは、押し入れの奥底で長い間眠らせたりして。

でも、『HOWEVER』が世に出て20年以上経ち、当時の熱狂が冷め切ったから今だからこそ、冷静な耳でこの楽曲をもう一度聴いてみてもいいのではないでしょうか

そうすれば、改めて気づけるはずです。

やっぱり『HOWEVER』すごいなって。

平成が終わって令和になっても、十分に通じる普遍的な名曲だなって。

…そしてそのノリで、しばらく『GLAY』漬けになってみてはいかがでしょうか?

きっと、再発見の連続になるでしょう。

『HOWEVER』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/広がる世界

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/LORELEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Over and Over

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/カーテンコール

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。