個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/間違いねえな

投稿日:2018年7月31日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の3曲目、『間違いねえな』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

mistake

『間違いねえな』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名間違いねえな
演奏時間3:41
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

吉井和哉の朗読という異色の楽曲『SEA』を除けば、本作『間違いねえな』がアルバム『PUNCH DRUNKARD』の中で最も演奏時間の短い楽曲になります。

『間違いねえな』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD3

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の3曲目に収録。

アルバムを通して聴くと、次曲の#4 『ゴージャス』につながっているように聴こえます。

※『間違いねえな』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

遅めのテンポでヘビーなロックを聴かせてくれる1曲、『間違いねえな』。

とにかく、『間違いねえな』というやさぐれ感満載の曲名が素敵です。

“間違いないよ”というフレーズと同じ意味なんですが、『間違いねえな』と語尾を変えるだけで伝わる印象は全く違うものになりますよね。

そんな日本語のおもしろさを感じる曲名なのですが、楽曲の方は割と洋楽的な仕上がり。

何が洋楽的かって、盛り上がり切らないサビを据えるという作りがそう感じさせるのかなと思います。J-POPのシングルとしては絶対に採用されないだろうな…という感じ。言葉を選ばずに言えば”地味”なサビです。

まぁ、そもそも本作『間違いねえな』はサビで気持ちよくなってほしいという意図で作られた楽曲では無いんでしょうね。イエモン流のヘビーなロックサウンドを聴いてほしい、そういう想いの込められた楽曲なんだと思います。

こういう非キャッチーな楽曲をしっかり最後まで聴かせられるのがロックバンドとしての腕の見せ所でしょう。

アルバム『PUNCH DRUNKARD』には本作『間違いねえな』を始めとして”洋楽的な楽曲”が多数収録されています。この1枚でイエモンがロックバンドとしてどれだけかっこいいかを知ることができるはずです。

Amazonで試聴できます。

『間違いねえな』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/MISERY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Perfect Blue

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/ハピネス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】GLAY/WET DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。