個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/離れるな

投稿日:2018年8月10日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の12曲目、『離れるな』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

animal

『離れるな』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名離れるな
演奏時間6:18
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

15thシングル。アルバム『PUNCH DRUNKARD』からのシングルカット。

『離れるな』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD12
GOLDEN YEARS Singles 1996-20015

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の12曲目に収録。

※『離れるな』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

15thシングルとしての『離れるな』を見ると、久しぶりのオリコンシングルランキングTOP10入りを逃してしまい、商業的にはあまり奮わなかった作品という位置づけ。

表題曲の『離れるな』もカップリングの『ゴージャス』もアルバム『PUNCH DRUNKARD』からのシングルカットですので、仕方ない結果と言えばそうなのかもしれません。アルバムを持っている人にとっては、わざわざこのシングルを買う理由が乏しいですから。

ただ、”シングルカット=売上が見込めない”という方程式が常に成り立つわけでもありません。反例は『SMAP』の『世界に一つだけの花』ですね。日本の音楽史に残るほどの大ヒットを記録したこの曲は、実はアルバムからのシングルカットです。

さて、そんな背景を持った本作『離れるな』ですが、楽曲自体は私の好みド真ん中。

オープニングの『離れるな』と連呼するフレーズからして大好きです。一度聴いたら忘れられないくらい非常にキャッチー。このフレーズのメロディーは、『離れるな』という言葉に対して世界で一番似合うメロディーなんじゃないかと思うくらいです。

そして、こんなにもキャッチーなメロディーとフレーズでありながら、楽曲の構成で言えばこの部分はBメロに相当するというのもおもしろいですね。オープニングで登場する上に曲名を連呼しているものだから、”これがこの曲のサビか”とリスナーに思わせておきながら、1番を聴いていくと実は別のサビが存在していることに気付かされるという展開。

というわけで、本作『離れるな』、シングルの売り上げだけ見て失敗作扱いせず、楽曲そのものの素晴らしさに耳を傾けてほしい作品です!

『離れるな』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOTHER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】B’z/MOTEL

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/三千万年

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Ash Like Snow

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。