個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

投稿日:2018年12月4日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

 

今回は、『GLAY』の楽曲、『生きてく強さ』のレビューです。

 

pedestrians

全体概要

基本情報

アーティスト GLAY
曲名 生きてく強さ
演奏時間 3:49
作詞 TAKURO
作曲 TAKURO
編曲 GLAY & 佐久間正英

7thシングル。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
rare collectives vol.4 (Disc 2) 8
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1) 8
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1) 7
BEAT out! 7

オリジナルアルバム『BEAT out!』の7曲目収録。

『rare collectives vol.4』は再録バージョンが収められています。

 

レビュー

一見するとロックバンドらしからぬ曲名、しかし、『GLAY』の楽曲だと言われれば全く違和感なく受け入れられる、そんな曲名を与えられた楽曲、『生きてく強さ』。

ただ、今でこそこの曲名を何の違和感なく受け入れられるわけですが、本作『生きてく強さ』がリリースされた当時という観点で考えると、やはりロックバンドらしからぬ曲名という印象の方が大きかったのではないでしょうか。

なんといっても、『GLAY』というバンドは『X JAPAN』や『LUNA SEA』の所属するエクスタシーレコードでインディーズアルバムを出し、YOSHIKIプロデュースの楽曲でデビューするという、バリバリのヴィジュアル系街道を歩いていたわけです。そんなバンドが、『生きてく強さ』という曲名のシングルをリリースし、「努力が実れば…」とか「前むきな心が…」なんて歌うとは、多少なりとも世間に混乱を招いたはずです。

 

しかし、『GLAY』というバンドが世間に認知されていくにつれ、本作『生きてく強さ』は大きく評価されてきました。

例えば、ファン投票で収録曲を決めたベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』では、なんと獲得票数第3位という結果を叩き出します。大ヒットした『Winter,again』や『誘惑』、名曲として名高い『春を愛する人』を抑えての順位と言えば、本作『生きてく強さ』の支持がどれだけ大きいものかお分かりいただけると思います。

また、『rare collectives vol.4』には再録という形で生まれ変わった『生きてく強さ』が収録されています。数多ある『GLAY』の楽曲の中、再録作品として本作『生きてく強さ』が選ばれたのは、やはりそれだけこの楽曲に人気があることの証左でしょう。

 

こうした歴史を振り返ってみると、『GLAY』というバンドを最も端的に表した楽曲は、ミリオンヒットを記録したシングルたちではなく、地道にファンの支持を獲得してきた本作『生きてく強さ』なのかもしれませんね。

 

『生きてく強さ』が収録されているアルバム『BEAT out!』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】GLAY/BEAT out!

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVE SONG

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/NEO UNIVERSE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ROSE OF PAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。