個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/軌跡の果て

投稿日:2017年12月21日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されることが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『軌跡の果て』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

sand

『軌跡の果て』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名軌跡の果て
演奏時間5:31
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『軌跡の果て』収録アルバム

アルバム名トラック#
BEAT out!10
REVIEW-BEST OF GLAY12
MUSIC LIFE (BALLADE BEST☆MEMORIES)4

オリジナルアルバム『BEAT out!』の10曲目に収録。

そして、非シングル曲ながらも売れに売れた『GLAY』のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』に収録曲の一つとして選出されています。

※『軌跡の果て』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

商業的大成功を収めたバンド『GLAY』。そのためか、成功者ゆえの苦悩を歌った楽曲というのがいくつかあります。

これ、私が個人的に好きなテーマです。成功したバンドにしか見えない景色、一見華々しく見えるけれども、そうではない部分を『GLAY』だからこその説得力で表現してくれるのが最高なんです。

本作『軌跡の果て』は、その”成功者ゆえの苦悩ソング”の第一弾とも言える立ち位置を占める楽曲です。夢を叶えるために犠牲になった人たち、そして、犠牲にするという決断を下した自分への思いが歌われています。

その思いを反映してか、『GLAY』初のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』の最終トラックに収録されています。しかし、このベストアルバム発売後、『GLAY』はさらに巨大なバンドへとなっていき、成功者としての新たな苦悩を抱えることになるのは、ちょっと皮肉な出来事とも思えますね。

ところで、本作『軌跡の果て』、『GLAY』の楽曲にしては珍しく、間奏に金管楽器が使われています。フレーズといい音といい、この部分を聴くと『サザンオールスターズ』っぽいなと思ってしまいます。

別にサザンが嫌いってわけじゃないんですけど、なんだか『GLAY』の曲中でサザンの香りを感じるっていうのが変で、そこだけちょっと気になってしまいます 笑。

Amazonで試聴できます。

『軌跡の果て』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I don’t know

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/パウダースノウ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】hide/GOOD BYE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/甘い経験

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/桜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。