個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/KISSIN’ NOISE

投稿日:2017年12月20日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されることが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『KISSIN’ NOISE』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

bell

『KISSIN’ NOISE』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名KISSIN’ NOISE
演奏時間4:56
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY

『KISSIN’ NOISE』収録アルバム

アルバム名トラック#
灰とダイヤモンド3
REVIEW-BEST OF GLAY11

インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』の3曲目に収録。

売れに売れた『GLAY』のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』にも再録という形で収録されています。

※『KISSIN’ NOISE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

題名は忘れましたが、インディーズ時代の『GLAY』を知る人(素人版マネージャーみたいな人かな?)が書いた本がありまして、それを昔読んだことがあるんです。

私の記憶が正しければ、確かその本に書いてあったはず。インディーズ時代『GLAY』のイチオシ楽曲は『KISSIN’ NOISE』である旨が。

…なるほど…うーん…。

インディーズ時代のアルバム『灰とダイヤモンド』の収録曲を聴き比べてみても、『KISSIN’ NOISE』のどの辺が他の楽曲より優れているのか、イマイチ理解できない私がいます。

いや、決して聴く価値のないレベルの楽曲なんてことは思っていないですけどね。

ただ、『灰とダイヤモンド』の収録曲で言えば、『TWO BELL SILENCE』とか『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』の方が個人的には好みです。

とはいえ、『GLAY』の初めてのベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』に『KISSIN’ NOISE』が採用されていることから、やはりこのバンドの自信作という位置づけなのでしょう。

私が『灰とダイヤモンド』から初ベストアルバムへの収録曲を選ぶとしたら『TWO BELL SILENCE』に一票投じますが、『GLAY』はそうしなかったわけで。

この辺りの好みや判断の違いが、私のような凡人のセンスと、成功したバンドのセンスの違いなのでしょう。。。(一応、後のベストアルバムで『TWO BELL SILENCE』は再録されました)

あなたはどうですか?

『灰とダイヤモンド』を聴いて、”『KISSIN’ NOISE』は自信を持ってベストアルバムへ選曲できるくらい良い曲だ!”と感じられたら、きっといい耳の持ち主なんだと思います。

Amazonで試聴できます。

『KISSIN’ NOISE』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SHINE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夏の幻

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/POWER

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】黒夢/TELL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ルネサンス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。