個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/BREEDING

投稿日:2017年10月15日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『BREEDING』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

image

『BREEDING』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名BREEDING
演奏時間4:59
作詞hide
作曲hide
編曲hide

『BREEDING』収録アルバム

アルバム名トラック#
Ja,Zoo8
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜17
KING OF PSYBORG ROCK STAR10

オリジナルアルバム『Ja,Zoo』に収録。

非シングル曲ながら、幾つかのベストアルバムにも収録されています。

※『BREEDING』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

自分の中に”天使”と”悪魔”がいて、天使は性善説的な立場でささやき、悪魔は性悪説的な立場でささやく。その天使と悪魔の二つの声の間で揺れる自分…。

漫画なんかにこんな表現ありますよね。本作『BREEDING』は、ざっくり言ってしまうとそんな“自分の中にいる存在たち”を歌った1曲です。

『BREEDING』の主人公、頭の中に「2匹のムシケラ」が存在しているようです。この「ムシケラ」はそれぞれ真逆な主張をする関係のようで、ちょうど上記の”天使と悪魔”を想像してもらえると歌の内容がわかりやすいのではないでしょうか。

この曲のおもしろいところは、主人公、「ムシケラ」、そして曲名の『BREEDING』という言葉の関係にあると思います。

『BREEDING』という単語、”飼育”という意味があります。日本語でも”ペットブリーダー”という言葉が浸透しているので、”breed”の意味はなんとなく想像がつくのではないでしょうか。

問題は、”BREEDING(飼育)”の対象。普通に考えれば、”主人公が「ムシケラ」を飼育”という構図を描くかと思います。しかし『BREEDING』を聴くと、どうやらそうでもないようです。

つまり、“「ムシケラ」に飼育されているのは自分の方では?”と、疑問を抱くような曲の内容になっているんですね。

単に”自分の中にいる存在に悩む”というだけで終わらせず、その上下関係に切り口を持ってきた視点がおもしろいです。

この後味、ジャンルは違いますが”芥川龍之介”の作品に近い気がします。

『BREEDING』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/Cafe Le Psyence

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/誘惑

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/H・A・N・A・B・I 〜君がいた夏〜

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/桜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。