個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/HEN

投稿日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテイナーですよね。好きなことやって生きているという姿が、彼らと同じ昭和生まれの私にはとてもまぶしいです。

 

今回は、『HEN』の個別楽曲レビューです。

 

portrait

全体概要

基本情報

アーティスト ゴールデンボンバー
曲名 HEN
演奏時間 4:10
作詞 鬼龍院翔
作曲 鬼龍院翔
編曲 tatsuo & 鬼龍院翔

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜 4

『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の4曲目に収録。

 

レビュー

2010年1月より12カ月連続で新曲を配信するという企画を実施した『ゴールデンボンバー』。

この企画で配信された楽曲をそれぞれ上期分(1月~6月)と下期分(7月~12月)に分けてまとめたものが、『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』と『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』になります。

そして、この企画のラストを飾った12月配信分の楽曲が、本作『HEN』です。

 

この企画の中で『†ザ・V系っぽい曲†』、『また君に番号を聞けなかった』といった個性的でクセの強い楽曲が数多く配信されましたが、そのラストである本作『HEN』は少々影が薄めという印象。

楽曲の内容も、『ゴールデンボンバー』によくあるストーカー風味な片想いソングの一つ、といった感じです。ただ、割とストーカー的な不気味さは控えめで、曲全体の雰囲気は”病的”というよりは、”爽やか”という表現が近い気がします(それ故に印象に残らないのかもしれませんが)。

もし、初めて聴く『ゴールデンボンバー』の楽曲が、偶然にも本作『HEN』だった…なんていう出会い方をすれば、こういった鬼龍院翔の独特な切り口におもしろさを見い出せるとは思います。そういう意味では、いくら本作『HEN』の印象が薄いと言えど、やはり凡百の楽曲とは異なる個性を持っているのは間違いないです。

一方で、同バンドの楽曲を別のアルバムを聴いていたり、他の楽曲をいくつか聴いた後で本作『HEN』に出会ってしまったら…”ああ、またこの手の曲か”という感想をきっと抱いてしまうと思います…。

 

『HEN』が収録されているアルバム『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】hide/D.O.D. [DRINK OR DIE]

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Smile Again

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。