個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~

投稿日:2018年10月3日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

dandelion

『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~
演奏時間1:02
作詞
作曲PATA
編曲PATA

アコースティックギター一本のインスト曲。

アルバム『Jealousy』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲です。

『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy5

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の5曲目に収録。

※『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』のギタリストと言えば、今は亡きHIDEや『LUNA SEA』との掛け持ちをしているSUGIZOの知名度が高いかと思われます。しかし、『X JAPAN』の歴史をギタリストとして最も長く支え続けているのは本作『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』の作曲者であるPATAです。

再結成後の『X JAPAN』で言えば、PATAはYOSHIKI、Toshlに次ぐ古株なのですが、今まで『X JAPAN』としてリリースされた楽曲の内、PATAが作曲したものはほんのわずかです。

そういった意味では、PATA作曲の本作『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』はかなり珍しいタイプの楽曲と言えそうです。

さらに本作の異端なところは、アコースティックギターのみで演奏されたインスト曲だということ。

『X JAPAN』の楽曲でインスト曲というのは特にレアというわけではありません。オリジナルアルバムにはだいたい何曲かインスト曲が収録されていますので。

それよりも、アコースティックギターのみで演奏というのが異端なのです。一般的に『X JAPAN』ってアコースティックギターのイメージが無いと思いますし、実際の楽曲も圧倒的にエレキギターの方が使われています。

アルバム『Jealousy』では、本作『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』に続いて『Voiceless Screaming』が収録されています。

こちらも『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』と同じくアコースティックギターを前面押し出した楽曲になっており、本作『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』が次曲『Voiceless Screaming』の前奏的な立ち位置になっているようです。

アルバムの中盤にあたるところで『X JAPAN』のイメージに無いアコースティックな楽曲が続けて登場する、ここにアルバム『Jealousy』の独特な個性の秘訣があるような気がします。

Amazonで試聴できます。

『White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GLAY/嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/まごころ

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/RED ZONE

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYCHOMMUNITY EXIT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。