個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/for dear

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『for dear』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『for dear』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名for dear
演奏時間4:41
作詞清春
作曲
編曲黒夢

記念すべき『黒夢』のメジャー1stシングル。

『for dear』収録アルバム

アルバム名トラック#
迷える百合達〜Romance of Scarlet〜3
黒夢シングルズ1
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)1

メジャー1stアルバム『迷える百合達〜Romance of Scarlet〜』の3曲目に”album version”にて収録。

※『for dear』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ナルシスティックな旋律を奏でるギター、本作『for dear』の聴きどころについて言えばやはりここを取り上げたいです。

楽曲が始まって一番最初に耳に飛び込んで来るのがイントロのギターフレーズなわけですが、これがもう最高に心を震わせてくれます

ハイスピードなBPMの上で奏でられる歌謡曲的な雰囲気のある旋律と言いましょうか、疾走感はあるのにしめった感情がたっぷり乗っかっているという、やたら日本人の心に沁みるフレーズなのです。

“ヴィジュアル系”という分類の仕方をするといろいろな議論を巻き起こしてしまうかもしれませんが、本作『for dear』のナルシスティックなギターフレーズは後のヴィジュアル系バンドに多大な影響を与えたように思います。

『X JAPAN』のメタル的ズクズクよりも、『LUNA SEA』の複雑なツインギターアンサンブルよりも、疾走感と哀愁をたっぷり含んだ旋律で聴かせるこの『for dear』的ギターこそザ・ヴィジュアル系のギターという感じがします。

『ゴールデンボンバー』に『†ザ・V系っぽい曲†』というタイトルそのまんまの楽曲がありますが、この曲で聴けるイントロのギターフレーズはやっぱり『for dear』っぽいですもん。

鬼才鬼龍院翔もV系のステレオタイプっぽいギターと言うことで『黒夢』の本作『for dear』を思い浮かべたんじゃないでしょうか…。

つまるところ、本作『for dear』のギター旋律には一つの音楽ジャンルを定義付けるほどの個性と魅力があるということです。

少なくとも、私はそう思っています。

Amazonで試聴できます。

『for dear』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/White Feathers

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Someday, Someplace

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/birth!

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Adolf

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。