個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Voiceless Screaming

投稿日:2018年10月4日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Voiceless Screaming』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

person

『Voiceless Screaming』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Voiceless Screaming
演奏時間6:16
作詞TOSHI
作曲TAIJI
編曲X

ToshlとTAIJIによる作品。

『Voiceless Screaming』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy6

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の6曲目に収録。

※『Voiceless Screaming』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』にとってイレギュラーな要素がふんだんに盛り込まれた楽曲、『Voiceless Screaming』。

まず印象的なのは、アコースティックギターをメインとしたその曲調でしょう。効果音的にストリングス等が少々使われていますが、ほとんどがアコースティックギターとボーカルのみという構成は『X JAPAN』の作品の中でイレギュラーと言って間違いではないはずです。

しかもこのアコースティックギターはベース担当のTAIJIが演奏しているそうです。当時の『X JAPAN』(当時という意味では、正確なバンド名は”X”ですが)にはPATAとHIDEの二人のギタリストがいたにも関わらず、アコースティックギターをメインに据えた本作『Voiceless Screaming』の演奏に参加していないというのは、バンドの構成と役割という視点から見てもイレギュラーでしょう。

そして、ドラムもピアノも使われていませんので、『X JAPAN』の顔であるあのYOSHIKIも演奏に参加していないはずです。

つまり、アコースティックギターを演奏しているTAIJIとボーカルのToshlの二人のみが参加した作品ということになります。うん、イレギュラー。

本作『Voiceless Screaming』、個性豊かな楽曲が揃ったアルバム『Jealousy』に収録されていますが、その中でもひと際異端な色どりを放つ存在です。

Amazonで試聴できます。

『Voiceless Screaming』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TWICE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/今日の君と明日を待つ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/橙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/成龙很酷

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。