個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/D.O.D. [DRINK OR DIE]

投稿日:2017年10月12日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『D.O.D. [DRINK OR DIE]』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

bottle

『D.O.D. [DRINK OR DIE]』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名D.O.D. [DRINK OR DIE]
演奏時間2:16
作詞hide
作曲hide
編曲hide

2分ちょっとの演奏時間ですが、インスト曲ではありません。

『D.O.D. [DRINK OR DIE]』収録アルバム

アルバム名トラック#
HIDE YOUR FACE5
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜14

1stオリジナルアルバム『HIDE YOUR FACE』の5曲目に収録。

ファン投票で収録曲を決める『We Love hide 〜The Best in The World〜』には未収録。こちらのベストには同じ『HIDE YOUR FACE』アルバム曲から『HONEY BLADE』が選ばれる形になっています。

※『D.O.D. [DRINK OR DIE]』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“DRINK OR DIE”、直訳すると”飲むか死ぬか”。”飲む”という動詞の目的語はもちろん”酒”です。つまり”酒を飲むか、それとも死ぬか”って意味ですね。私はお酒が飲めないので、死ぬしかないです 笑。

それはさておき『D.O.D. [DRINK OR DIE]』、短い演奏時間の通り、『hide』の楽曲でも有数の高速ナンバーです。

3rdシングルの『DICE』もそうですけど、『hide』の高速ナンバーは歌メロの譜割が細かいんですよね。『D.O.D. [DRINK OR DIE]』の歌メロもやっぱりそうで、早口言葉なんじゃないかと思うようなボーカルになっています。ちょっと聴いた程度でカラオケに挑戦しようものなら、歌についていけずに噛み倒すこと必至です!

人前で『D.O.D. [DRINK OR DIE]』を披露する場合は、事前練習が必要ですね。

しかし、”飲むか死ぬか”なんて曲を作るなんて、『hide』って余程お酒が好きだったんでしょうね。私はお酒が飲めないので、「ホルマリン浸け」と例えられるほどお酒を飲めるって、なんだか羨ましいなって思ってしまいます。。。

『D.O.D. [DRINK OR DIE]』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ロザーナ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】B’z/いつかのメリークリスマス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVELESS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。