個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/砂の塔

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の8曲目、『砂の塔』レビューです。

 

tianjin

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 砂の塔
演奏時間 4:43
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY & 船山基紀

復活後第一弾シングルの表題曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 8

オリジナルアルバム『9999』の8曲目に収録。

 

レビュー

バンドサウンドに加え、ピアノやストリングスなどの楽器で華やかに彩られた作品、『砂の塔』。イエモン復活後第一弾シングルであり、ドラマの主題歌にもなったので、かなり気合が入っていたのでしょう。

ストリングスと言えば、初期イエモンの楽曲って、けっこうストリングスが使用されていた印象があります。2ndシングルの『アバンギャルドで行こうよ』とか、3rdシングルの『悲しきASIAN BOY』とか。

そういう考えると、復活後第一弾シングルの本作『砂の塔』におけるストリングス使用は、ある意味原点回帰的と言えるかもしれません。

当時と比べると、ずいぶんクールなストリングスの音色とフレーズですが 笑。

 

さて、本作『砂の塔』、私は2番Bメロ後の間奏がとてもかっこよくて気に入っています。

ボーカルの「パーティ始めよう」の掛け声の後、一気に楽器隊が演奏をやめてベースソロに切り替わる瞬間がまず最高。そこにピアノが加わり、徐々にドラムのリズムが鮮明に。緊張感が高まったところでギターがギュイーン!これは痺れます!

ピアノやストリングスが取り入れられているとはいえ、本作『砂の塔』は曲調はスローなバラードではありませんし、あくまで中心はバンドサウンドです。この2番Bメロ後の間奏に、本作『砂の塔』が持つ”華やかさ”と”ロックの武骨さ”が見事に調和して同居しているように感じるんですよね。

 

アルバム『9999』収録曲はシンプルなバンドサウンドの楽曲が多いこともあり、本作『砂の塔』のような色彩豊かな楽曲がより一層映えます。

ぜひ、アルバム『9999』の流れの中で本作『砂の塔』のかっこよさを感じてみてください。

 

『砂の塔』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/水のない晴れた海へ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GLAY/BE WITH YOU

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/G.

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Enemy

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。