個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

投稿日:2019年6月7日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

今回は、アルバム『9999』の7曲目、『Changes Far Away』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

moonshine

『Changes Far Away』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Changes Far Away
演奏時間4:00
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Changes Far Away』収録アルバム

アルバム名トラック#
99997

オリジナルアルバム『9999』の7曲目に収録。

※『Changes Far Away』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ギターの音色は『QUEEN』、歌メロは『Billy Joel』

本作『Changes Far Away』に対する印象はとにかく上記の通りです。

ギター・オーケストレーションという技法というのでしょうか。イントロで真っ先に聴こえるギター、この音の作り方はいかにも『QUEEN』って感じですよね。『QUEEN』のギタリストBrian Mayに倣い、この曲では菊地英昭もコインで弦をはじいているのかもしれません 笑。

アルバム『9999』がリリースされる少し前に『QUEEN』の映画”ボヘミアン・ラプソディ”が流行っていたこともあり、かなりタイムリーな時期でのオマージュだなという印象。

ちょうど映画”ボヘミアン・ラプソディ”が流行っていた頃、『QUEEN』を扱う番組にイエモンのメンバーが出演していましたし、本作『Changes Far Away』が『QUEEN』のギター・オーケストレーションを意識していると見て間違いないでしょう。

そして、Aメロの歌メロはまさに『Billy Joel』の『Piano Man』。

本作『Changes Far Away』の「叶え叶え…」の部分と、『Piano Man』の「It’s nine o’clock…」の部分、メロディーが1フレーズそのまんまいっしょかと 笑。

イエモンが『Billy Joel』にどう影響されているのかはわかりませんが、このそっくりっぷりを聴き比べてみるのもおもしろいと思います。

Amazonで試聴できます。

『Changes Far Away』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Just be you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Ash Like Snow

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/顔も覚えてない

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/愛の 愛の星

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/品川ナンバー

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。