個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/bravery

投稿日:2018年10月20日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『bravery』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

camera

『bravery』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名bravery
演奏時間5:27
作詞tetsu
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Seiji Kameda

1アルバムに1曲ほど収録されているtetsu(現tetsuya)作詞作曲の作品。その『REAL』編。

編曲には『東京事変』のベーシスト亀田誠治が携わっています。

『bravery』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL4

オリジナルアルバム『REAL』の4曲目に収録。

※『bravery』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『REAL』に収録されたtetsuya作詞作曲の作品、『bravery』。

普段作詞を担当しているhydeの詞は比喩に比喩を重ねた抽象的なものが多く、それ故に幻想的なラルクのイメージを確固たるものにしています。

一方でtetsuya作詞の本作『bravery』はド直球で具体的な言葉で綴られています。普段のラルクの歌詞とは全く異なる表現の並びが非常に新鮮です。

歌詞という観点で見れば、否定形が多いのも本作『bravery』の特徴ですね。

「足りない」、「伝わらない」、「言わない」等、1曲の中で20回近くも「ない」またはそれに準ずる表現が用いられています。日光東照宮の三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)もびっくりの否定っぷりです。

曲名に使われている『bravery』という単語ですが、”勇敢”、”勇気”という意味があります。曲中には最後のサビに一度だけ出てきていますね。“真実を知る勇気は君たちには無いね”なんて表現の英文で。

本作『bravery』は全体的にファンを煽る内容になっていますが、曲名の使い道もファンを煽る材料だったというわけです。

ただ、本作『bravery』がファンを煽る内容になっているとは言うものの、曲調自体はけっこう穏やか。決して、”オラオラ! コノバカー!!”という感じではありません。

そういう意味では、”ファンを煽る”というより、“ファンを説教する”という表現のほうが正しいかもしれませんね 笑。

Amazonで試聴できます。

『bravery』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FACE TO FACE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/POWER OF LOVE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/学級崩壊

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】B’z/愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/No limit

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。