個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/TIME SLIP

投稿日:2018年10月24日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『TIME SLIP』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

pocket-watch

『TIME SLIP』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名TIME SLIP
演奏時間5:00
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & CHOKKAKU

本作『TIME SLIP』の編曲に携わっているCHOKKAKUは7thシングル『虹』でも編曲を担当しています。

『TIME SLIP』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL9

オリジナルアルバム『REAL』の9曲目に収録。

※『TIME SLIP』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

穏やかな曲調の作品、『TIME SLIP』。

アルバム『REAL』はロックで激しい曲デジタルでピコピコした曲が多数収録されているのですが、#9の本作『TIME SLIP』以降はそんな雰囲気が変わり、#11 『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』の最終トラックまで穏やか・ゆったり路線の楽曲が連続して登場していきます。

そういう意味では、本作『TIME SLIP』は、アルバム『REAL』のクロージングに向けた準備が始まる楽曲という位置づけなのかもしれませんね。

一方で、#1 『get out from the shell』から続く一連のハイテンションゾーンが本作『TIME SLIP』で一区切りつくことになり、“この辺りで『REAL』を聴くのやめようかな”なんて気持ちになりいやすいタイミングでもあります(少なくとも私はそう)。

そんなわけで、アルバム『REAL』の9曲目以降って個人的にはちょっと印象が薄い楽曲群だったり。。。

とは言え、この記事を書くにあたって改めて聴いてみると、なかなかよかったです、『TIME SLIP』。

特に、1番Bメロの最後のところ、「遊び方を忘れてしまった」というフレーズがアラサーにはグッときました。

そう、「忘れてしまっ」ているんですよね。久しぶりに再会した友達といったい何をすればいいのか…。あの頃は”気まずい”なんて言葉の意味すらわからないくらい遊んでいたはずなのに。

大人になって久しぶりに再会すると、もう、残念ながら…どうしようもなくらい他人なんですよね。

大人ですから、そこはお酒を飲んでテンションを無理やり上げて、そうやって気まずさを紛らわすこともできるのでしょうが、そもそもの「遊び方を忘れてしまった」というやつは致命的です。

もう、あの頃には戻れないという現実、認めたくない現実を受け入れるという感覚…。

この気持ち、わかりますよね??

もしわかっていただけるのであれば、本作『TIME SLIP』もきっと楽しめると思います。

Amazonで試聴できます。

『TIME SLIP』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/パウダースノウ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/女々しくて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/本日未明

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/小さな頃から

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。