個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/finale

投稿日:2018年10月22日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『finale』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

fountain

『finale』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名finale
演奏時間6:26
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

両A面の19thシングルの一つ。もう片方は『NEO UNIVERSE』。

『finale』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL6
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-200013
TWENITY (2000-2010)2

オリジナルアルバム『REAL』の6曲目に収録。

※『finale』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

映画”リング0 バースデイ”の主題歌になったのが本作『finale』。

“リング”と言えば和風ホラー映画の金字塔的作品ですよね。

本作『finale』もそんな映画の主題歌だけあって、和風ホラーっぽい不気味さを兼ね備えた楽曲に仕上がっています。

まず、冒頭の音の加工。

古いレコードを流しているかのようなこもった音質と、細かいプチプチというノイズが不穏な空気でリスナーの耳を充満させます。まるで触れてはいけないモノに触れてしまったかのような、そんな雰囲気です。

そして不気味さを際立たせるように入って来るのが高音のストリングス。音量が徐々に上がっていく長細い音に、背筋がゾクっとします。”やっぱり触れてはいけないモノだったか…”という、ある種の後悔を感じさせるイヤーな音です。

そんな雰囲気の中で展開されるサビですが、一変してなんとも美しいメロディーのサビがやってきます。ここはhydeのハイトーンボイスが映える場面ですね。

これまで感じていた後悔がスーッと浄化されていくような感覚があります。

やはり、こういう『finale』のようなアプローチの楽曲が和風ホラーには似合いますね。

血がビシャビシャ飛び散る洋風のスプラッタ系ホラーなら激しい曲調の楽曲が似合うのでしょうが、和風のジメッとしたホラーには不気味さを演出できる楽曲の方がしっくりきます。

実のところ、私は”リング0 バースデイ”を観たことがないのですが(一番最初の”リング”は観ましたが)、本作『finale』を聴くだけで充分にその独特な和風ホラーっぽさが伝わってきます。

本当に、ラルクというバンドの引き出しの多さを改めて思い知る次第です。

Amazonで試聴できます。

『finale』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/世界のほんの片隅から

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/クリスタル・ゲージ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/あしたのショー

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ミドリ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】B’z/愛しい人よGood Night…

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。