個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

投稿日:

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。

キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生み出したバンドです。

なお、ボーカルのyasuはソロプロジェクト『Acid Black Cherry』にて現在も活躍中。

今回は、アルバム『D・N・A』の5曲目、『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』のレビューです。

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』の全体概要

基本情報

アーティストJanne Da Arc
曲名child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜
演奏時間5:37
作詞yasu
作曲kiyo
編曲kiyo & Janne Da Arc & 秦野猛行

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
D・N・A5

オリジナルアルバム『D・N・A』の5曲目に収録。

※『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ある家庭内の出来事を子供の視点で切り取った1曲『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』。

多くのポップスは”僕”と”君”という二人の登場人物で完結するものがほとんどだと思いますが、本作『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』はなんと4人の登場人物が出てきます。

4人の呼び名がある程度固定されているので、楽曲を聴いていてもあまり混乱はないと思いますが、一応まとめてみましょう。

  • 「僕」:この楽曲の語り手。まだ歩行や会話ができないため、1歳になっていない幼児だと思われる。「あの人」から暴力を受けている。
  • 「あの人」:「僕」を世話するのがお仕事(おそらくベビーシッター的な立場)の女性。「僕」に対して暴力を振るっている。「パパ」と不倫中。最終的に逮捕される。
  • 「ママ」:「僕」の母親。最近「パパ」と喧嘩が多い。
  • 「パパ」:「僕」の父親。「あの人」と不倫中。最近「ママ」と喧嘩が多い。

ちなみに、曲名にある”絵本の中の綺麗な魔女”とは「僕」の視点で見た「あの人」のことです。

どうでしょう。約5分半という楽曲の中にかなりボリュームの多い物語が詰まっていることがわかると思います。

本作『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』、上述の通りなかなか重いテーマの楽曲なので、好みはわかれそうなところ。

ただ、『Janne Da Arc』の繰り出すヘビーでおどろおどろしいバンドサウンドは、この楽曲のテーマに合っていてかっこいいのは間違いないです。

Amazonで試聴できます。

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』収録アルバムレビューリンク

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/バースデーケーキの上を歩いて帰った

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Breaking The Hide

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/シンデレラ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。