個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

投稿日:

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。

キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生み出したバンドです。

なお、ボーカルのyasuはソロプロジェクト『Acid Black Cherry』にて現在も活躍中。

今回は、アルバム『D・N・A』の5曲目、『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』のレビューです。

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』の全体概要

基本情報

アーティストJanne Da Arc
曲名child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜
演奏時間5:37
作詞yasu
作曲kiyo
編曲kiyo & Janne Da Arc & 秦野猛行

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
D・N・A5

オリジナルアルバム『D・N・A』の5曲目に収録。

※『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ある家庭内の出来事を子供の視点で切り取った1曲『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』。

多くのポップスは”僕”と”君”という二人の登場人物で完結するものがほとんどだと思いますが、本作『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』はなんと4人の登場人物が出てきます。

4人の呼び名がある程度固定されているので、楽曲を聴いていてもあまり混乱はないと思いますが、一応まとめてみましょう。

  • 「僕」:この楽曲の語り手。まだ歩行や会話ができないため、1歳になっていない幼児だと思われる。「あの人」から暴力を受けている。
  • 「あの人」:「僕」を世話するのがお仕事(おそらくベビーシッター的な立場)の女性。「僕」に対して暴力を振るっている。「パパ」と不倫中。最終的に逮捕される。
  • 「ママ」:「僕」の母親。最近「パパ」と喧嘩が多い。
  • 「パパ」:「僕」の父親。「あの人」と不倫中。最近「ママ」と喧嘩が多い。

ちなみに、曲名にある”絵本の中の綺麗な魔女”とは「僕」の視点で見た「あの人」のことです。

どうでしょう。約5分半という楽曲の中にかなりボリュームの多い物語が詰まっていることがわかると思います。

本作『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』、上述の通りなかなか重いテーマの楽曲なので、好みはわかれそうなところ。

ただ、『Janne Da Arc』の繰り出すヘビーでおどろおどろしいバンドサウンドは、この楽曲のテーマに合っていてかっこいいのは間違いないです。

Amazonで試聴できます。

『child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜』収録アルバムレビューリンク

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/レム

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/ポケビのうた

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/BLUE

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Rusty Nail

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】hide/ATOMIC M・O・M

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。