個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/解凍実験

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、活動が再開され現在に至ります。

ちなみに、1994年は『黒夢』の他に『GLAY』や『L’Arc〜en〜Ciel』がメジャーデビューを果たした年でもあります。

今回は、『黒夢』の楽曲、『解凍実験』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『解凍実験』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名解凍実験
演奏時間2:58
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 佐久間正英

アルバム『feminism』収録曲の中では本作『解凍実験』が最も演奏時間の短い楽曲になります(インスト(?)の『心臓』を除く)。

『解凍実験』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism2
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】4

アルバム『feminism』の2曲目に収録。

※『解凍実験』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

おどろおどろしいサウンドがグロテスクな雰囲気を醸し出す1曲、『解凍実験』。

ねっとりと地を這うように落ち着いたパートと、ブチ切れたように縦を合わるキメパートの繰り返しがシンプルながらもクセになります。『解凍実験』という曲名も相まって、マッドサイエンティスト的な世界観を感じずにはいられません。

本作『解凍実験』、ベストアルバム『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』にも収録されていますが、やはりオリジナルアルバム『feminism』の文脈で聴きたい楽曲です。

本作『解凍実験』はアルバム『feminism』の2曲目に収録されていますが、1曲目の『心臓』とともにアルバム全体の前フリという構成になっているんですね。

『feminism』以前の『黒夢』を思わせるグロテスクな雰囲気の本作『解凍実験』をアルバム冒頭に配置し、『解凍実験』を経て「心臓」を「解凍」することで、新しい『黒夢』を予感させる3曲目の『feminism』(アルバムと同名の楽曲)につなげるという流れ。

この流れを踏まえると、本作『解凍実験』は過去の『黒夢』らしい曲でありながら、過去の『黒夢』を否定するような立ち位置の楽曲と言えます。

そんなストーリーを感じるためにも、やはりこの楽曲はアルバム『feminism』で聴きたい1曲です。

あと、シンプルに#2 『解凍実験』→#3 『feminism』の流れがかっこいい

『解凍実験』で暴力的な方向にテンションを上げた後、颯爽と登場するキャッチーな次曲『feminism』のギャップにハートは鷲掴みです 笑。

個人的にはこの”#2 『解凍実験』→#3 『feminism』の流れ”がアルバム『feminism』の1番の聴きどころだと思っています。

Amazonで試聴できます。

『解凍実験』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Over Drive

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Life 〜遠い空の下で〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/angel song -イヴの鐘-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。