個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DRASTIC HOLIDAY

投稿日:2020年4月4日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の2曲目、『DRASTIC HOLIDAY』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『DRASTIC HOLIDAY』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名DRASTIC HOLIDAY
演奏時間4:06
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『DRASTIC HOLIDAY』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE2

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の2曲目に収録。

※『DRASTIC HOLIDAY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

オトナの恋愛をノリのいいロックサウンドで仕上げた1曲、『DRASTIC HOLIDAY』。

跳ねるリズムサビまでサクッとたどり着く焦らさない展開がとても聴きやすいです。アルバム『EXPERIENCE MOVIE』では長尺の『MORALITY SLAVE』の直後にやってくるので、より一層本作『DRASTIC HOLIDAY』の爽快感が気持ちよく思えます。

そもそも、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』自体が長尺の重い作品が多いんですよね。上述の『MORALITY SLAVE』もそうですが、#8 『4000粒の恋の唄』や#13 『シルクスカーフに帽子のマダム』なんかは8分前後あります。

そんな重ためのアルバム『EXPERIENCE MOVIE』ですが、あまり気負わずについつい再生ボタンを押してしまう私がいます。

これ、アルバム2曲目に収録されている本作『DRASTIC HOLIDAY』のパワーがきっと大きいんだと思います。

“とりあえず『DRASTIC HOLIDAY』聴いとくか”のノリで『EXPERIENCE MOVIE』を再生してしまえるお手軽感があると言うんですかね。

後半に長尺の重い楽曲があることを分かっていながら、序盤に聴ける『DRASTIC HOLIDAY』の爽快感を求めて『EXPERIENCE MOVIE』に手を伸ばしてしまっているのです。

…こんな書き方すると、後半の長尺楽曲が邪魔モノのような感じがしますが、決してそんなことはありません。

むしろ、序盤に本作『DRASTIC HOLIDAY』があるからこそ、変に気負うことなくアルバム『EXPERIENCE MOVIE』を手に取ることができ、気づいたら後半の長尺楽曲に没頭してしまっている…そんな感じです。

Amazonで試聴できます。

『DRASTIC HOLIDAY』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Song for Night Snails

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ハルカ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/HONEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Double Moon

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。