個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/この恋のかけら

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の1曲目、『この恋のかけら』レビューです。

 

snowdrop

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 この恋のかけら
演奏時間 5:30
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 土屋昌巳 & THE YELLOW MONKEY

外部プロデューサーとして土屋昌巳を編曲に迎えています。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 1

オリジナルアルバム『9999』の1曲目に収録。

 

レビュー

記念すべきイエモン復活後初のオリジナルアルバム『9999』。その1曲目を飾るのが本作『この恋のかけら』です。

初めて聴いたときは、一瞬『This Is For You』が流れてきたのかと勘違いしてしまいました。『この恋のかけら』のイントロで流れる最初のギターの1音が『This Is For You』にそれとそっくりだったので。

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/This Is For You

改めて聴き比べてみるともちろんそれぞれ違うのですが、しばらく『This Is For You』を聴かないでいる中で『この恋のかけら』に出会ってしまったので、私の脳みそが”久しぶりの『This Is For You』だ!”って勝手に反応したのでしょう 笑。

 

さて、本作『この恋のかけら』、復活後イエモンらしく、優しさと余裕に溢れる1曲となっています。

「死神」だとか「悪い薬」だとか、危なっかしいワードが出てくるところは相変わらずですが、楽曲全体としては大人になって様々なものを見てきたような達観した雰囲気で包み込まれているように思います。

これを象徴しているのが、サビの歌詞ですかね。普通は感情を込めて一番盛り上げるところであるはずのサビで、「冬になると…」等と淡々と風景描写をしているのです。

サビに充てるには、あまりにも地味でインパクトに欠けるような印象を持ちますが、こういった”風景描写による遠回りな感情の表現”をサビの歌詞として選択できるところに、イエモンの大人な余裕があるように感じます。

 

『この恋のかけら』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sure

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/パンドラボックス

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/おはようオーパーツ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/the silver shining

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。