個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

投稿日:2018年3月9日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を打ち出したのは、このバンドではないでしょうか。『X JAPAN』と並び、後輩バンドへ大きな影響を与えたヴィジュアル系バンドの大御所です。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『END OF SORROW』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

cathedral

『END OF SORROW』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名END OF SORROW
演奏時間4:22
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

7thシングル。

『浜崎あゆみ』に『Endless sorrow』という似た曲名の作品がありますが、全く別物。『LUNA SEA』の方は直訳すれば”悲しみの終わり”、『浜崎あゆみ』の方は”終わりなき悲しみ”と、それぞれの曲名の字面は似ていますが、指す意味は全く逆です。

『END OF SORROW』収録アルバム

アルバム名トラック#
STYLE8
SINGLES (Disc 1)7
PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜5
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 1)7
LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE- (DISC 2)4

オリジナルアルバム『STYLE』の8曲目に収録。

※『END OF SORROW』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

1stシングルの『BELIEVE』、4thシングルの『TRUE BLUE』に続き、サビから始まるシングル楽曲の『END OF SORROW』。

ロマンティックかつナルシスティックで、非常に『LUNA SEA』らしい作品です。

とにかく、展開が素敵

最初のサビ直後の間奏、ここの伸びやかなギターで早速テンションが上がります!

演奏開始早々、こんなに派手なギターを聴かせてくれるのは『END OF SORROW』くらいではないでしょうか。

それから、2番のAメロ、ここもかっこいいですね。1番のAメロは割と静かな感じんですが、2番のAメロは一転して、激しくて緊張感のある作りになっています。この対比がかっこいい!

サビからサビへ、テンションをさらに上げてくれるすばらしい架け橋っぷりです。

あと、Cメロとギターソロを挟んだ最後のサビ、ここが最高です!

本作『END OF SORROW』には全部で4回のサビがあるのですが、最後のサビだけドラムパターンが違うんですよね。それまでのサビはちょっと独特なリズムパターン、どこか迷いがあるようなリズムだったのが、最後のサビだけ迷いのないストレートなリズムになっているんです。

Cメロで“自己愛”に目覚め、その結果、曲名通り”悲しみの終わり”を迎えたかのような、そんなサビが最後にやってくるんです。

『END OF SORROW』、実にロマンティックでナルシスティックな楽曲だと思いません?

Amazonで試聴できます。

『END OF SORROW』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/クラシック

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/星降る夜に花束を

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】hide/T.T.GROOVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/峠

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。