個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

投稿日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

 

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『BLUE TEARS』のレビューです。

 

ice-skates

全体概要

基本情報

アーティスト JUDY AND MARY
曲名 BLUE TEARS
演奏時間 3:23
作詞 YUKI
作曲 恩田快人
編曲 JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の2ndシングル。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 01) 2
The Great Escape -COMPLETE BEST- (DISC 02) 5
FRESH 2
J・A・M 5
BE AMBITIOUS 6

メジャー1stアルバム『J・A・M』の5曲目に収録。

インディーズ時代のミニアルバム『BE AMBITIOUS』にも収録されていました。

 

レビュー

スネアドラムのカウントで入り、イントロなしでサビから始まる楽曲『BLUE TEARS』。

最初のサビがAメロ的な役割も果たしているようで、その後すんなりBメロに展開し、またサビがやってきます。楽曲全体で見ても、サビとBメロの繰り返しというシンプルな構成になっていますね。

テンポの良さとカチッとしたバンドサウンドがYUKIのボーカルを引き立てており、非常に聴きやすく、クセの無い楽曲という印象。このあっさり感が本作『BLUE TEARS』特有の切なさを演出しているのでしょうね。初期『JUDY AND MARY』の目指していた少女の切なさ的世界観を堪能できる名作です。

 

『JUDY AND MARY』の楽曲と言えば『Over Drive』、『Brand New Wave Upper Ground』、『ラッキープール』など、夏っぽいイメージの作品が多いのですが、珍しく(?)本作『BLUE TEARS』は真冬がテーマになっています。

作詞を担当しているYUKIが北海道出身なので冬をテーマにした作品の方が得意そうですが(←偏見)、上述の通り『JUDY AND MARY』の楽曲は冬よりも夏っぽいものが多いという印象があります。それ故に、本作『BLUE TEARS』のひんやり感が新鮮で気持ちよく感じられるというのも、この作品の個性的な一面なのかもしれません。

 

『BLUE TEARS』が収録されているアルバム『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】JUDY AND MARY/COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/KEY WORD

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ZONE/true blue

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/LEVEL DEVIL

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DAHLIA

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。