個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DAHLIA

投稿日:2018年1月14日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『DAHLIA』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

dahlia

『DAHLIA』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名DAHLIA
演奏時間8:01
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X JAPAN

メジャーデビュー後の11thシングル。

曲名は見慣れない単語が使われていますが、読みは”ダリア”。花の名前の一つです。

『DAHLIA』収録アルバム

アルバム名トラック#
DAHLIA1
Singles 〜Atlantic Years〜5
PERFECT BEST (Disc 1)12
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-2)1
THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜 (DISC 2)8

この楽曲と同名のメジャー3rdオリジナルアルバム『DAHLIA』の1曲目に収録。

※『DAHLIA』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ヴィジュアル系のモチーフと言えば、薔薇を連想しますよね。

ナルシスティックで耽美的な薔薇のイメージが、ヴィジュアル系のそれとリンクするというのもありますし、元祖ヴィジュアル系バンドの『X JAPAN』がCDジャケットやMVで薔薇の花を多用していたのも大きな影響を与えているものと思われます。

そう、その『X JAPAN』ですが、薔薇ではない別の花の名前を付けた楽曲があるんです。

それが本作『DAHLIA』。

手数の多いドラムとズクズク刻むギターで織りなすハイスピードなサウンドの上に、伸びやかで美しい歌メロが乗っかった作品です。

『X JAPAN』のハイスピードな楽曲と言えば『紅』や『Silent Jealousy』が有名で、本作『DAHLIA』はそこまでの知名度はありませんが、完成度はそれらに劣らず、素晴らしく高いです。

『紅』や『Silent Jealousy』のように、静かなオープニングから攻撃的な演奏へガラッと変わる演出もかっこいいんですが、本作『DAHLIA』のように、初っ端から攻撃的なのもいいですよね。

演奏時間は約8分と相変わらずの長尺ですが、本作『DAHLIA』を聴いていると一瞬に感じられます。

Amazonで試聴できます。

『DAHLIA』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ひとひらの自由

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Adolf

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Desperate Angel

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Feel My Heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAGNET HOLIC

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。