個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/サリーマリー

投稿日:2017年8月5日 更新日:

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』

注目のされ方はバンドとしては不本意だったと思いますが、当バンドの楽曲はおしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビが魅力です。

今回は、彼らのメジャー1stアルバムとしてリリースされた『魅力がすごいよ』の7曲目、『サリーマリー』のレビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

orthodox-church

『サリーマリー』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名サリーマリー
演奏時間5:10
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

曲名は『サリーマリー』ですが、曲中では「さぁり、まぁり」と歌っています。

「さりぃ、まりぃ」と言葉をハメても成立するメロディーなんですが、なぜ「さぁり、まぁり」としたのか、ちょっと気になります。

『サリーマリー』収録アルバム

アルバム名トラック#
魅力がすごいよ7

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の7曲目に収録。

※『サリーマリー』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

スローテンポな曲ってわけではなんですが、演奏時間が5分を超える1曲。

イントロから繰り返される1~2小節程度の短いギターリフ、曲の途中で入る”語り”部分、突然入るショパンの『子犬のワルツ』などなど、『ゲスの極み乙女。』の特徴的な要素がふんだんに詰まった1曲でもあります。

そのため、演奏時間がけっこう長めなんですね。最後の40秒くらいはひたすら『子犬のワルツ』のピアノソロですし。

この、”語り”部分ってファンの間ではどう思われているんでしょうね。

『ゲスの極み乙女。』というバンドの個性である部分だとは思うのですが、正直私は…どちらかと言えば苦手かもしれません。本作『サリーマリー』も、この”語り”がなければもっとリピートして聴くのになぁと感じるところがあります。

逆に言えば、その”語り”を除けばけっこう好きなんです。

Bメロ終わりからサビ始まりにかけて、ピアノで盛り上げてくところとか、かっこよさと美しさが同居してて素直にいいなって思います。

突然入る『子犬のワルツ』も、最初は”えっ!?”って思いましたが、慣れれば”これはこれでアリだな”って思えます。おしゃれだねぇって。

Amazonで試聴できます。

『サリーマリー』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


  1. 千利休 より:

    クラシックにも色々ある中、仔犬のワルツがこの曲の雰囲気にぴったりですよね。

    • キャスター より:

      千利休さん
      子犬のワルツを選択するあたりに、このバンドのおしゃれなセンスを感じますよね~。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/たとえ遠く離れてても・・・

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/まごころ

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/pray

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I don’t know

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。