個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/パラレルスペック

投稿日:2017年12月23日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

以降、あまり良くないイメージを払拭しきれないところはありますが、おしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビを持つ、当バンドの楽曲の魅力は色褪せません。

いつかもう一度、年末の晴れ舞台へ立つことはできるのか…!?

今回は、『パラレルスペック』の個別楽曲レビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

drip

『パラレルスペック』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名パラレルスペック
演奏時間4:33
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

CMに採用された1曲。

『パラレルスペック』収録アルバム

アルバム名トラック#
みんなノーマル1

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stミニアルバム(インディーズも含めると3rdミニアルバム)『みんなノーマル』の1曲目に収録。

※『パラレルスペック』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

おしゃれなサウンドに乗せたラップを繰り出すAメロと、その後に現れるキャッチーなサビ!まさに『ゲスの極み乙女。』の真骨頂な1曲です。いいですねー。

イントロオープニングの”ジャッジャー”というギターコードの後に聴こえる、流れるようなピアノフレーズの段階から私の心は鷲掴みです。おしゃれだなーって。

ただ、その後、リズム隊が入った後の繰り返しフレーズは、慣れるまでちょっと時間がかかりました。今聴けばこの部分もおしゃれだなって思えるんですけど、初めて聴いたときは”なんだかダサいぞ”と思っちゃったんですね。

なにがそう思わせたのか、言葉では説明できないのが苦しいのですが、最初はそう思ったんです。

慣れるのに時間がかかったと言えば、2番Aメロもそうですね。1番のAメロとアレンジをガラッと変えるのは全然アリなんですけど、2番Aメロ冒頭の「ライライライ」っていうコーラスや「パラレルスペック」を繰り返すコーラスはやはり”なんかダサいぞ”と感じた部分です。

うん、正直に言うとこのコーラスについては、今でも”なんかダサいぞ”と思っています。少なくとも、カラオケで歌うことを躊躇うくらいにはダサいなと。

しかし、音楽って不思議で、何度も聴いていると、”ダサいのはダサいけど、悪くないかも”とも思えてくるんですよね。

歌うことには抵抗あるけど、聴く分には抵抗ない、むしろ味があると思えてくるという、そんな感じです。

『パラレルスペック』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/シャングリラ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。