個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/サカナの心

投稿日:2017年12月24日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

以降、あまり良くないイメージを払拭しきれないところはありますが、おしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビを持つ、当バンドの楽曲の魅力は色褪せません。

いつかもう一度、年末の晴れ舞台へ立つことはできるのか…!?

今回は、『サカナの心』の個別楽曲レビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

fish

『サカナの心』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名サカナの心
演奏時間3:43
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

『サカナの心』収録アルバム

アルバム名トラック#
みんなノーマル2

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stミニアルバム(インディーズも含めると3rdミニアルバム)『みんなノーマル』の2曲目に収録。

※『サカナの心』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『サカナの心』という曲名ですが、「サカナ」の心情を歌ったわけでは無く、「サカナ」に向けた自身の気持ちを歌った1曲。

とは言え、”海を泳いで気持ちよさそうね”とか、”これからさばかれるなんてかわいそうね”とか、リアルな魚に対する気持ちを歌ったわけではありません。そのため、曲中に出てくる「サカナ」という言葉は、何かの比喩のように思います。

では、曲中にて表現される「サカナ」とは何を示すための比喩なのか。その答えについて、具体的に曲中で語られてはいません。

登場人物の「僕」が「あなた」に対して伝えたい思いを持っているものの、「あなた」へは届かず、なぜか代わりに「サカナ」へ届いてしまう、そういう役割で出てくるだけです。

「サカナ」の正体が語られていない以上、”「あなた」へ思いが届かない”ということの比喩で”「サカナ」へ思いが届いてしまう”という表現をしているのかもしれません。『サカナの心』という曲名がついているものの、本来の「サカナ」には心なんてありませんから、「サカナ」に思いが届いたところで何も変わるわけはなく。

つまり、”「サカナ」に思いが届く”=”思いが届いてほしい人には届いていない”というふうに解釈することもできるのかな、と。

もう少し言えば、”「あなた」へ思いが届かない”という平凡な歌のテーマをちょっと捻った表現に置き換えて、”「サカナ」に思いが届く”という言い回しにしているんじゃないのかな、というのが私の考えです。

まぁ、この辺を真剣に考えても正しい答えは作詞者しか知りませんから、答え合わせのしようがないんですけどね。

『ゲスの極み乙女。』らしい、不思議な曲だなというのがざっくりしたこの曲の感想です。

Amazonで試聴できます。

『サカナの心』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/RAINBOW MAN

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/MAD DANCE

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/神経がワレル暑い夜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/and She Said

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Desperate Angel

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。