個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/市民野郎

投稿日:2017年12月25日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

以降、あまり良くないイメージを払拭しきれないところはありますが、おしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビを持つ、当バンドの楽曲の魅力は色褪せません。

いつかもう一度、年末の晴れ舞台へ立つことはできるのか…!?

今回は、『市民野郎』の個別楽曲レビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

press

『市民野郎』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名市民野郎
演奏時間3:26
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

『市民野郎』収録アルバム

アルバム名トラック#
みんなノーマル3

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stミニアルバム(インディーズも含めると3rdミニアルバム)『みんなノーマル』の3曲目に収録。

※『市民野郎』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

バカ野郎、コノ野郎、クソ野郎…私の思いつく限りですが、”○○野郎”って言葉は、相手を罵るときに使うイメージがあります。

そういう意味で、本作『市民野郎』という曲名は、市民に対してケンカを売ってゆくスタイルを表現しているものと解釈できそうです。こういうの、私は嫌いじゃないです。ロックな感じがしていいじゃないですか!

…しかし、誰にケンカを売っているのか、歌詞が詩的過ぎてイマイチわからず…。なんとなく、不満をぶつけている感は伝わってくるんですけども。

私の読解力不足が原因だということは大いにあり得るんですが、そこは一旦棚に上げておくとすると、聴き手は『ゲスの極み乙女。』といっしょになって市民にケンカを売りにいく立場でいればいいのか、はたまた、『ゲスの極み乙女。』からイチ市民としてケンカを売られている立場なのか、そこがはっきりしないんです。うーん。

この手のケンカを売りに行くスタイルの曲は、バンド側に共感して、聴き手側もいっしょにケンカを売る側に回れれば楽しめるんですけどね。

というか、曲名だけでケンカを売りに行く曲と勝手に解釈していますが、そもそもその前提から間違っている可能性もあります。

そうであるならば、上記内容は全て妄言ってことになってしまいますね 笑。

あと、歌詞に「ニュースキャスター」というワードが出てきますが、本作『市民野郎』が世に出たのは例の不倫騒動の前になります。

バンドメンバーのプライベートとバンドの作品を重ねることはあまりしたくないんですが、例の騒動の最中、きっと川谷絵音は、「ニュースキャスター」に対して本作『市民野郎』のことが頭をよぎったんじゃないかな…。

Amazonで試聴できます。

『市民野郎』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/micro stress

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/GROOVY TOUR

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/You & I

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。