個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠に葬れ

投稿日:2017年4月30日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。

今回は、アルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』の5曲目、『永遠に葬れ』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

cross

『永遠に葬れ』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名永遠に葬れ
演奏時間3:56
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『GARNET CROW』のメンバーで作詞・作曲・編曲を行っています。

『永遠に葬れ』収録アルバム

アルバム名トラック#
first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~5

インディーズミニアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』にのみ収録されています。

※『永遠に葬れ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『永遠に葬れ』、読み方は”とわにほうむれ“ではなく、”とわにねむれ“でしょうか。曲中で「葬れ」を”ねむれ”と歌っているので。

『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』のアマゾンレビューを見ていると、やけに評価の高い楽曲です。音楽は完全に好みの問題なので、そこは”へーそうなんだー”という感想です。

『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』の収録曲ならば、個人的には『Sky』や『A crown』がツボなのですが。

歌の入り一発目が秀逸だなと思いました。曲名を反映させるようにものすごく暗い歌い方。なんだか呪われそうな第一声です 笑。

ボーカルの中村由利、恐るべし!

ただ、曲が進行していくにつれて少しずつ明るくなってきます。

いや、明るいというのは違いますかね。現実を受け入れて、前向きになっていく感じです。救われていくというのが近いのかな。まるで小説のような心情の移り変わりを音楽で表現しているようです。

一方で、歌詞の流れを見ると、”心”は救われても、客観的な”結末”は救われているとは言い難いようです…。『永遠に葬れ』は自分へ向けた言葉にように思えます。

なんだか、改めて文章に起こして感想を書いていると、名曲な気がしてきました 笑。

『永遠に葬れ』、もう一度じっくり聴いてみようかな…。

『永遠に葬れ』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Dearest Love

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/クラシック

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/カナリヤ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Singin’ in the Rain

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/TELL ME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。